新着記事

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦×土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

【インタビュー】横山はる江(青森「はるえ食堂」店主)名物焼きおにぎりの旨さの秘訣は?

【サライ・インタビュー】横山はる江さん(よこやま・はるえ、はるえ食堂店主)――青森の市場…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立たせろ!」(テリー伊藤のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

アニリンバッファローレザー3wayドクターバッグ|堅牢なバッファローレザー製の鞄

日用から1泊程度の旅まで幅広く対応する、バッファローレザー(水牛の革)の上品な3ウェイバッグ…

万病の元「慢性炎症」が加齢によって起きやすくなる3つの理由【予防医療の最前線】

文/中村康宏前回お話したように、生活習慣病やがんを含む加齢関連疾患に共通するメカニズ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

加賀百万石の祖・前田利家の知られざる3つの顔【にっぽん歴史夜話2】

文/砂原浩太朗(小説家)

石川県金沢――。兼六園や武家屋敷といった古都の情感に富むいっぽう、21世紀美術館などに代表されるアートの都市でもある。国内の名所中、際だった存在感を放っているといっていい。

この街の礎をきずいたのが、加賀百万石の祖・前田利家(まえだ・としいえ、1537?~1599)である。知名度の高い武将ではあるが、一般的なイメージとしては信長・秀吉の忠実な臣下といった程度で、その人となりがじゅうぶん知られているとは言いがたい。ここでは3つのエピソードをとりあげ、利家の人間像を照らしだしてみたい。

■1:若いころは不良少年だった

尾張(愛知県)の土豪・前田利昌(利春とも)の四男として生まれた利家は、天文20(1551)年、織田信長の近習として仕えることになる。当時、信長は名うての傾奇者(かぶきもの)として知られていた。傾奇者とは、奇抜な衣装や振る舞いで人目を惹く者たちのこと。信長のいでたちは湯帷子(ゆかたびら=ゆかた)を袖脱ぎにしてまとい、髷は紅や萌黄の色糸で結って朱鞘の大刀を腰に差すという派手やかなものだった。また、栗や柿、瓜などをかじりながら町中をうろついていたという。

「利家記」という史料によれば、つきしたがう利家もやはり傾奇者として名を馳せ(「利家様御若き時は、かぶき御人」)、けんかを好んだ。かなり目だつ槍をたずさえていたらしく、人々は遠くからでもそれを目にすると、「又左衛門(利家の通称)の槍が来た」とおそれ、近づかぬようにしたそうである。

■2:算盤が得意だった

利家は自慢の槍でしばしば武功をたてたが、いっぽうで数字にもあかるかった。「算勘の上手は徳川家康・秀忠、そして前田利家」と称されるほどだったという。拙著『いのちがけ 加賀百万石の礎』(講談社刊)には、利家が愛用の算盤をはじく場面があるが、これはたんなる想像でなく、「常に御具足櫃に御入置被遊候」(いつも鎧櫃に算盤を入れておられた)と「国祖遺言」にある。

この算盤は利家の没後、妻の芳春院(まつ)が所持し、娘である春香院(藩臣・村井長次の妻)を経て、5代藩主・綱紀(1643~1724)の手にわたった。現在、前田育徳会が所蔵しているものがそれで、現存する日本最古の算盤でもある。

■3:敵を助けすぎて秀吉に叱られた?

利家も戦国武将のひとりであるから、たたかうことがすなわち生きることであったのはまちがいない。が、いたずらに殺戮をこのむ人物でなかったのも、たしかである。

豊臣秀吉の小田原攻めに際し、利家は別動隊の総大将として北条氏配下の諸将と兵をかまえることになった。まず上野(群馬県)で大道寺政繁をやぶり、1ヶ月にわたる包囲ののち、名将・北条氏邦(当主・氏直の叔父)のまもる鉢形城(埼玉県寄居町)をおとす。が、政繁、氏邦を助命したことで秀吉の不興を買い、小田原開城後には短期間ながら謹慎を余儀なくされている。

いささか気の毒ではあるが、このエピソードにどこかほっとするものを覚えるのは筆者だけではないだろう。政繁はけっきょく秀吉から切腹を命じられてしまったが、氏邦は出家ののち前田家につかえ、慶長2(1597)年、金沢で没している。利家に先立つこと2年であった。

*  *  *

以上の挿話をとおして浮かびあがるのは、新しいものをすすんで取りいれる柔軟さと侠気(おとこぎ)を併せもった人物像といえるだろうか。そうした利家なればこそ、戦乱の世を生き抜き、燦然たる文化都市・金沢の基(もとい)を創りえたように思うのである。

文/砂原浩太朗(すなはら・こうたろう)
小説家。1969年生まれ、兵庫県神戸市出身。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、フリーのライター・編集・校正者に。2016年、「いのちがけ」で第2回「決戦!小説大賞」を受賞。著書に受賞作を第一章とする長編『いのちがけ 加賀百万石の礎』(講談社)がある。

『いのちがけ 加賀百万石の礎』(砂原浩太朗著、講談社)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 坂本龍馬が命を落とした宿の名は?幕末動乱クイズ5問【挑戦!江戸ク…
  2. そして歴史が動いた!前田利家、賤ヶ岳撤退の謎【にっぽん歴史夜話1…
  3. 新選組が袖章などに記していた文字は?幕末動乱クイズ5問【挑戦!江…
  4. 日本人が黒船に呼びかけた第一声とは?幕末動乱クイズ5問【挑戦!江…
  5. 東大寺大仏殿よりも高かったと伝えられる神社とは?神社の名前当てク…
PAGE TOP