新着記事

もみじ盆栽|漆器の鉢植えのもみじで四季の移ろいを楽しむ

国宝 海磯鏡 唐または奈良時代・8世紀 東京国立博物館(法隆寺献納宝物)(通期展示)

正倉院宝物と法隆寺献納宝物が一堂に【御即位記念特別展 正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―】

イマドキ60代独身は「気楽」「自由」を背景に約半数が老後も「1人で過ごしたい」

結婚しない60代は「気楽」「自由」に、老後も1人で過ごしたい

【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その2~

【娘のきもち】母親の口癖は「早く自立して」。親子の絆の呪縛から解放されたきっかけは“保証人”~その1~

楊洲周延著 千代田の大奥神田祭礼上覧 狆のくるひ(国立国会図書館アーカイブズ)

狆と呼んだ娘と結婚した日露戦争の英雄・秋山好古

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから!痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第28回】

腰痛・坐骨神経痛の改善はストレッチから! 痛む部位別にわかる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第28回】

IMABARI コットンスヌード|無造作に巻いても形が決まる、暖かなコットン襟巻き

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

そして歴史が動いた!前田利家、賤ヶ岳撤退の謎【にっぽん歴史夜話1】

文/砂原浩太朗(小説家)

織田信長の死後、羽柴秀吉と柴田勝家が後継者の座をめぐって激突した「賤ヶ岳の戦い(しずがたけのたたかい)」。七本槍の活躍で名高い合戦だが、ここで勝ちをおさめた秀吉が、やがては豊臣姓を名のり、天下人へと躍進してゆく。戦国史研究の泰斗・高柳光寿が、「秀吉の海内統一の事業に一大時期を劃した戦」(『賤ケ岳之戦』)というように、この一戦の意義はきわめて大きい。

しかし、勝敗の鍵をにぎったのが前田利家(1537?~1599)であることは、ほとんど知られていない。当時、利家は柴田方として出陣していたが、いくさのたけなわで突如退却、秀吉勝利のきっかけをつくった。が、この経緯には不審な点がおおい。

利家が柴田方となったのは、旧主・信長によって勝家の与力(補佐役)に任じられたからである。勝家のことは「親父様」と呼んで慕っていたという。いっぽう、秀吉ともかねてから親しく、娘を養女にやっているほどである。いわば、両者の板挟みとなる立場だった。

余呉湖(滋賀県長浜市)をはさんで羽柴・柴田両軍が睨み合ったのは天正11(1583)年3月なかば。勝家軍は2万、秀吉軍は正確な史料がないが、5万ほどではないかと推測される。

余呉湖の北方に陣をかまえた柴田方は持久戦にもちこむ肚で、本格的な戦闘もないまま対陣はひと月におよんだ。

4月16日、秀吉は勝家と手をくむ岐阜の織田信孝(信長の三男)討伐のため、本隊をのこして大垣(岐阜県大垣市)へ向かう。その隙をつき、余呉湖南岸の羽柴方を攻撃したのが勝家の甥である猛将・佐久間玄蕃盛政だった。みっつある砦のうち、ふたつまで手中にした盛政だが、大垣から52キロの道を5時間という神速で馳せもどった秀吉の大軍と、のこるひとつ賤ヶ岳の砦を舞台に決戦となる。

このとき、後方をかためていた利家がにわかに撤退したのである。戦場は大混乱におちいり、他の与力衆もぞくぞくと逃走、盛政もやぶれて柴田方は総崩れとなった。盛政が賤ヶ岳の一戦をしのぎ、ふたたび持久戦にもちこめば、いくさはどう転んだか予断をゆるさない。まぎれもなく、利家の行動こそが戦局をさだめたものであり、先述の高柳も「勝敗を決定した一番大きな原因は前田利家」(前掲書)と記している。

とうぜん、かねてから秀吉に通じていたと想像されるが、不審なのは前田隊の死者が異様に多いことである。「四戦略譜」という古記録によると、身分ある家臣だけでも30人前後が討ち死にしている。おまけに、それだけの死者が出ていながら、くわしい状況は不分明きわまりない。

利家の家臣がのこした覚書きでは、「味方はい軍(敗軍)の時、死ぐるひに切てまはり」「ちから不及(およばず)」とし、羽柴方と激戦のすえ降ったような表現になっているが、これは信じがたい。利家は前年に勝家の使者として秀吉を訪ねており、そのさい密約が成立したとみるのが妥当である。戦後も本領安堵のみならず、加賀二郡まで加増。それからも出世をつづけ、徳川家康につぐ豊臣政権の重鎮となっている。が、前田勢の被害からして、相手方も少なからぬ痛手をこうむったはずである。はげしく抵抗した武将に対する処遇とは、とうてい思われない。

では、なぜこれほどの死者が出たのか。真相の解明はあらたな史料でも出現しないかぎり望むべくもないが、筆者はこの戦いを小説としてえがくにあたり、前田勢の退却を猛将・佐久間盛政がいちはやく察知、一隊をさいて追撃させたという仮説をたてた。ここで兵力を分散させてしまったのも敗因のひとつとなるわけである。興味をもたれた方は、拙著『いのちがけ 加賀百万石の礎』(講談社刊)をご一読いただければ幸いにおもう。

勝家をたおした秀吉が天下を統一するのはわずか7年後、利家は終生、よき片腕として豊臣家をささえつづけた。嫡子・利長が関ヶ原で徳川につき、加賀百万石と称される広大な領国を得たのはその没後である。

文/砂原浩太朗(すなはら・こうたろう)
小説家。1969年生まれ、兵庫県神戸市出身。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、フリーのライター・編集・校正者に。2016年、「いのちがけ」で第2回「決戦!小説大賞」を受賞。著書に受賞作を第一章とする長編『いのちがけ 加賀百万石の礎』(講談社)がある。

『いのちがけ 加賀百万石の礎』(砂原浩太朗著、講談社)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】 「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】
  2. 松江城天守には、前身である月山富田城から運ばれてきた材木が一部に利用されている 徳川家康と石田三成の仲介役を果たし、国宝・松江城を築く|三英傑に…
  3. 藤堂高虎が考案した「層塔型天守」の代表格である宇和島城 築城術と忠誠心で勝ち取った秀吉と家康の信頼|三英傑に仕え「全国転…
  4. 松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】 松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】
  5. 豊臣秀吉によって破却された富山城。江戸時代に前田家の分家が独立し、居城として改修した。現在の天守は昭和29年に建造 織田家への忠誠心を抱き続けた末の不運な最期|三英傑に仕え「全国転…
PAGE TOP