新着記事

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3】インレー湖

取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

そう呼ぶのは日本人だけ!実は鳩じゃなかった「鳩時計」の謎

文/柿川鮎子

定時になると小窓が開き、鳩が中から出てきて時を知らせる鳩時計は、日本でもおなじみのからくり時計です。

デジタルが普及した現在でも、若い世代が新築祝いに購入したり、孫の誕生を記念して祖父母がプレゼントするなど根強い人気を誇っています。

もともとは、ドイツ南西のシュヴァルツヴァルト(黒い森という意味)がその発祥の地で、17世紀頃には時計を背中に担いだ行商が、旅をしながら時計を売り歩いていたという記録が残されています。

でも実はこの鳩時計、ドイツでは「クックス・ウアー」と呼ばれており、クックスはカッコウを表します。つまり本来は「鳩時計」ではなく「カッコウ時計」なのです。英語でもフランスでも、やはり「カッコウ時計」。鳩時計と言っているのは日本だけなのです。

では、なぜ日本ではカッコウが鳩になったのでしょうか? 素朴な疑問を、国内唯一の鳩時計専門店『森の時計』代表の芹澤庸介さんに聞いてみました。

芹澤さんはドイツ鳩時計協会(VdS)日本初会員で、同店のクロックマイスターでもあります。

鳩時計を持つ『森の時計』代表の芹澤庸介さん。同店ではドイツから直接買い付ける鳩時計など約100点以上が展示されています

「日本で最初に鳩時計を販売したのは手塚時計という会社だと言われています。創業初期の手塚時計はドイツから輸入した鳩時計を国内で複製し、海外に販売していたようです。

国内で販売する時、カッコーという名前だと、閑古鳥のカッコーとなり、顧客がいない悪いイメージでした。托卵する鳥として知られ、親が他の巣に卵を産んで育てさせるというのも、育児放棄的であまりイメージがよろしくない。

そこで、戦後、平和の象徴でもある鳩にした様です。鳩時計の音はポッポーポッポーと鳩に聞こえますし、カッコー時計は鳩時計になったのでしょう」

そう芹澤さんは説明してくれました。なんとも意外な経緯ですね。

日本で最初に鳩時計を製造販売したと言われている手塚時計の製品

さらに芹澤さんによると、カッコーの声はドイツでは子どもをあやす時によく使われ、優しく可愛らしいイメージなのだとか。

「クックーという言葉は、赤ちゃんや幼児に対して日本人のお母さんがよくやる“いない、いないバー”的な感じで使われますよ。幼児に対して『ハロー』とか、『おっはー』みたいに、ベビーバギーなどに向かって『クックー』って言っていますね。子どもはそれを聞いてキャッキャッとご機嫌に笑う。鳩時計はそんな愛情あふれる温かみを感じさせる物なのです」

お店の閑古鳥を忌み嫌って、イメージの良い鳩に変えてしまったという説は、縁起を担ぐ日本人らしい発想ですね。一方の鳩は平和の象徴であると同時に旧約聖書で大活躍した鳥でもあります。鳩時計という名前だったからこそ、日本でも長く支持されるようになったのかもしれません。

羽の付け根に斑のような模様があり、尾を高く上げて胸をそらせて鳴く姿は、鳩ではなくカッコウそのもの

こうして日本では「カッコー時計」は「鳩時計」と名前を変え、戦後、一家団らんの象徴となって流行した後、いったんブームが終わって、家庭から姿を消します。

その後、デジタル化した現在になって再び、木のぬくもりと手作りの良さが見直されています。さらに鳩時計は規格があり、壊れても部品の交換が可能で、親子何世代にもわたって使い続ける人もいます。

機会があれば、時を刻む鳩時計のカッコーの鳴き声に、じっくりと耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

【森の時計】
住所:東京都中央区日本橋横山町8-5
電話:03-3249-8772
営業時間:平日10時~17時
http://www.morinotokei.com

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界
  2. なぜその鳥だけがその木を好むのか?野鳥観察に役立つ木と鳥の相性
  3. 007は鳥類学者だった!ジェームズ・ボンド博士の数奇なる人生
  4. 鳥の名前を調べるコツ!プロが教える「野鳥の見わけ方」3ポイント
  5. 日本人が大好きな夏の野鳥「ツバメ」の魅力と観察のススメ
PAGE TOP