新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

定年後の「第三の人生」を充実させるヒント本『定年からが面白い』【定年本イッキ読み18】

文/印南敦史

今回ご紹介する定年本『定年からが面白い』(小林淳宏著、PHP文庫)は、初版が刊行されたのが昭和63年。大正13年生まれだという著者の小林氏は当時63歳だったそうである。70歳になった平成7年に文庫化されたが、いずれにしても初版から29年、文庫化から22年も経過しているわけで、読んでいると時の流れを意識せずにはいられない。

『定年からが面白い』(小林淳宏著、PHP文庫)

私は定年引退生活を「第三の人生」と呼んでいる。
「第一の人生」は、子供の時代から学校を卒業するまでの修業時代だ。「第二の人生」は就職し、子供を育て上げる時代である。さて引退して「第三の人生」に入ると、これがあまりにも、「第一の人生」に似ているのに私はびっくりしているところだ。(本書「はじめに」より引用」)

たとえば、いい例が上の部分。「第三の人生」という言葉や捉え方は、いまとなってはすっかりおなじみ。というよりも使い古された感があるだけに、やはり新鮮味には乏しいのである。

とはいえ、だからといって、いま読む価値がないということでは当然ない。時代の流れに抗えない部分は当然あるけれども、その一方には時間に左右されない普遍性があるわけで、そこを意識しながら読み進めていくと、なかなか楽しみがいがあるのだ。

本書の最大のポイントは「趣味」に特化している点である。というのも著者は、60歳になるまでにいろいろな趣味をかじったものの、転勤などの事情から、結果的にはなにひとつものにならなかったというのだ。しかし、そんな失敗があったからこそ、定年後はその悔しさを原動力にして、ひとつずつ再挑戦していくことになる。

本書は私のたどった恥ずかしい趣味の履歴を基にしながら、定年引退後、「今度こそは」と趣味に没頭した経緯をまとめ、さらに、再就職せずに家計を維持している現状を報告したものである。(本書「はじめに」より引用」)

まずは囲碁に取り組み、その後もエレクトーンで「ラ・クンパルシータ」や「オリーブの首飾り」を弾いてみたり、肩を痛めてやめたゴルフの代わりに水泳に挑戦してみたりと、自由を満喫しながらさまざまな趣味にチャレンジしていくさまは微笑ましくもある。

ところで、上記の引用部分には、定年退職者の心を多少なりともくすぐる部分がある。いうまでもなく、「再就職せずに家計を維持している」というフレーズである。どういうことかといえば、長らく時事通信社に籍を置き、海外生活も長かった著者は、趣味と並行して「翻訳」で生計を立てることを選択したのである。

といっても翻訳で得られる収入は決して高額ではなく、そのため苦労も多かったようだ。しかし、そんな苦労もまた、趣味と同じように脳を活性化させていたにではないだろうか。本書で確認する限りにおいては、そんな印象がある。働いていることが励みになっているのだ。

私は人生はバランスだと思っている。拘束されれば金が入る。自由でいれば貧乏する。これがバランスだ。私は後者を選んだだけのことである。だから「これだけ稼げばもういいや」と思う時は翻訳依頼の電話を受けても頻々と断ってきた。(本書220ページより引用)

いわば、自分のペースで趣味と仕事を両立させてきたということ。そういう意味においては、定年後の理想的なライフスタイルのひとつが本書には提示されていると言えるだろう。

著者が翻訳のような特殊技能を持ち合わせた人物である以上、ここに書かれていることのすべてを読者が応用できるとは言えないだろう。しかし、意識しておくべきことがある。もちろん他の人にはない能力も持ってはいるけれども、それが著者の定年後の生活をイキイキとさせたわけではないということ。

つまり、学ぶべき重要なポイントは、著者の前向きなマインドなのである。「定年だから隠居」どころか、タイトルにもあるように「定年から」に焦点を当てて動き続けてきたからこそ、その後の生活が輝いたということだ。その点は、定年を迎えた多くの人に応用する価値があるのではないか。

著者は平成22年に、85歳で世を去っている。しかし、70歳だった本書文庫版発行の時点で以後の人生を「第二定年」と位置づけているところを見ると、そこからの15年間もさぞや充実していたのではないだろうか。そんなことを想像すると、さらに「定年以降」の充実度に価値があることを実感せざるを得ない。

【今回の定年本】
『定年からが面白い』
(小林淳宏著、PHP文庫)

文/印南敦史
作家、書評家、編集者。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年東京生まれ。音楽雑誌の編集長を経て独立。複数のウェブ媒体で書評欄を担当。雑誌「ダ・ヴィンチ」の連載「七人のブックウォッチャー」にも参加。著書に『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)などがある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選
  2. 「年のせい」とほっといてはダメ!350万人以上がかかる病気、脊柱…
  3. あなたの「舌」は大丈夫?100歳まで生きるための舌トレーニング
  4. 人生の楽園はまだ先!40~50代の6割は定年後も働きたい
  5. 豚肉は健康のもと!83歳の医大名誉教授が教える「長寿式食べ方の習…
PAGE TOP