新着記事

アルプスの古都「インスブルック」夏に長期滞在したくなる理由とは?

文/印南敦史もうすぐ、ジメジメとした日本の暑い夏がやってくる。最高気温が更新されるた…

認知症の早期発見に有効!脳ドックの画像検査でわかること【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや検診と言えば、胃がんや大腸がん検診、肺がん検診が代表的ですが、…

巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映

文/編集部黒澤明、溝口健二とならぶ、世界に誇る日本映画の巨匠・小津安二郎(おづ・やす…

愛宕街道・古道に佇む「平野屋」で京都の“旬”を味わう【京都、初夏の新緑散歩】

取材・文/末原美裕「お伊勢七たび、熊野へ三たび、愛宕さんへは月詣り」江戸時代…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

【閲覧注意】カレー好きもカレー嫌いになるイヤな妄想画像10コ【イシグロ妄想研究所 vol.4】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)「カレーはどうもニガテで食べられない……」とい…

知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口陽海の腰痛事件簿 第1回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

定年後の「夫婦」の理想的なあり方を探る本『妻と夫の定年塾』【定年本イッキ読み17】

文/印南敦史

『妻と夫の定年塾』(中日新聞社)の著者・西田小夜子さんは、長きにわたって定年と関わり続けてきたという人物である。定年後の夫婦の生態をつづったコラムを新聞に連載し、「みのむし夫」「こたつむり妻」などの造語を生み出してきた実績を持つ。

『妻と夫の定年塾』(西田小夜子著、中日新聞社)

その活動初期には「定年夫はじゃまなのよ」と主張して“炎上”したこともあったというが、本書の執筆時点で状況はかなり変わったのだそうだ。西田さん本人というよりも、当の定年男性たちの意識が、大きく変化したというのである。

そんなことを実感するようになったきっかけは、西田さんが主宰する、その名も「定年塾」。午前中は座禅をしたりお経を読んだり、そばを打ったりし、午後は人の話を聞いて自分もしゃべる。それだけの会なのだという。しかしその活動が、定年男性から支持されたということだ。

なんてことない話のようにも思えるが、どうやらそれは、定年後の「夫婦」の理想的なあり方ともつながっていくようだ。

妻も夫も長生きの時代だ。定年後は二十年、三十年続く。ともに年をとり、くたびれていく妻だって、家事の定年が欲しいのである。
男に家庭内で自立してもらい、住みなれた地元で夫婦仲よく活動的にクラス。これが一番だ。(本書「あとがき」より引用)

さて、そこで本書の内容である。『妻と夫の定年塾』というタイトルからも想像がつくとおり、「モチーフ」としての主役は定年夫婦。彼らの生活や考えていることなどを、著者が代筆したエッセイとでもいおうか。たとえば、こんな感じだ。

定年夫は二つのタイプにくっきり分かれる。何かやる人、何もしない人。それだけだ。何もしない人、つまり家庭内引きこもり夫は、ある調査では八割だという。理由を聞くと「次のステップに向け充電中」などと答える。だけど一年も二年も充電してどうするんだ。(本書p.8「みのむし夫 vs 進化妻」より引用)

なかなか辛辣ではあるし、著者である西田さんの個性が強すぎるきらいは多少なりともある。しかし、この記述がそうであるように、ひとつひとつの指摘が的を射ているのも事実。だから、「まぁ、そうかもな」と苦笑しながら意味進めることができるのだ。

ところで先に引用した「あとがき」には、以下のような続きがある。そちらも引用しておこう。

憎たらしい人だけどいいとこもあるのよね、という程度で、夫婦はそこそこ平和にやっていけるものである。
(本書「あとがき」より引用)

詰まるところ、これに尽きるのではないだろうか。そして本書には、この結論につながる多くの事例が紹介されているということなのである。

【今回の定年本】
『妻と夫の定年塾』
(西田小夜子著、中日新聞社)

文/印南敦史
作家、書評家、編集者。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年東京生まれ。音楽雑誌の編集長を経て独立。複数のウェブ媒体で書評欄を担当。雑誌「ダ・ヴィンチ」の連載「七人のブックウォッチャー」にも参加。著書に『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)などがある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印…
  2. 『団塊絶壁』団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本【印南敦史…
  3. 手書き文字を飛躍的に上達させる「美文字の法則」とは
  4. 高齢男性が「妻のいない第二の人生」を生き抜く3つの心得
  5. 御朱印集めと並ぶブームに!?“おみくじ集め”の魅力増す「おみくじ…
PAGE TOP