新着記事

不動産のプロ104人に聞いた、30年後に価値の落ちない物件とは|東京近郊のタワーマンションで一番価値が上がるエリアは!?

間違いだらけのタワマン選び|不動産のプロ100人に聞いた「価値が下がらないタワーマンションエリアランキング」(東京近郊編)

雇用保険、健康保険について【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

定年後の「雇用保険」「健康保険」、どうしたらいい?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

エコ・ドライブ グローバル電波時計|僅かな光を動力にする「エコ・ドライブ」搭載。海外対応の電波時計ゆえ時刻合わせは不要

彩り野菜のホットサラダ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】秋の味覚、さつまいもを使ったレシピ 「さつまいものごまチーズ焼き」「彩り野菜のホットサラダ」

憧れの女性象として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】

憧れの女性像として活躍した女優、八千草薫|『男はつらいよ 寅次郎夢枕』【面白すぎる日本映画 第36回】

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/11~11/17)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/11~11/17)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/11~11/17)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】松下幸之助の「社員稼業」に学ぶ、仕事を成功させる法則」

【ビジネスの極意】松下幸之助の「社員稼業」に学ぶ、仕事を成功させる法則

和 NAGOMI 三徳・パン切り包丁|刃物の町、岐阜県関市から届いた銘品。手とひとつになるような握り心地と、抜群の切れ味

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

定年後の「夫婦」の理想的なあり方を探る本『妻と夫の定年塾』【定年本イッキ読み17】

文/印南敦史

『妻と夫の定年塾』(中日新聞社)の著者・西田小夜子さんは、長きにわたって定年と関わり続けてきたという人物である。定年後の夫婦の生態をつづったコラムを新聞に連載し、「みのむし夫」「こたつむり妻」などの造語を生み出してきた実績を持つ。

『妻と夫の定年塾』(西田小夜子著、中日新聞社)

その活動初期には「定年夫はじゃまなのよ」と主張して“炎上”したこともあったというが、本書の執筆時点で状況はかなり変わったのだそうだ。西田さん本人というよりも、当の定年男性たちの意識が、大きく変化したというのである。

そんなことを実感するようになったきっかけは、西田さんが主宰する、その名も「定年塾」。午前中は座禅をしたりお経を読んだり、そばを打ったりし、午後は人の話を聞いて自分もしゃべる。それだけの会なのだという。しかしその活動が、定年男性から支持されたということだ。

なんてことない話のようにも思えるが、どうやらそれは、定年後の「夫婦」の理想的なあり方ともつながっていくようだ。

妻も夫も長生きの時代だ。定年後は二十年、三十年続く。ともに年をとり、くたびれていく妻だって、家事の定年が欲しいのである。
男に家庭内で自立してもらい、住みなれた地元で夫婦仲よく活動的にクラス。これが一番だ。(本書「あとがき」より引用)

さて、そこで本書の内容である。『妻と夫の定年塾』というタイトルからも想像がつくとおり、「モチーフ」としての主役は定年夫婦。彼らの生活や考えていることなどを、著者が代筆したエッセイとでもいおうか。たとえば、こんな感じだ。

定年夫は二つのタイプにくっきり分かれる。何かやる人、何もしない人。それだけだ。何もしない人、つまり家庭内引きこもり夫は、ある調査では八割だという。理由を聞くと「次のステップに向け充電中」などと答える。だけど一年も二年も充電してどうするんだ。(本書p.8「みのむし夫 vs 進化妻」より引用)

なかなか辛辣ではあるし、著者である西田さんの個性が強すぎるきらいは多少なりともある。しかし、この記述がそうであるように、ひとつひとつの指摘が的を射ているのも事実。だから、「まぁ、そうかもな」と苦笑しながら意味進めることができるのだ。

ところで先に引用した「あとがき」には、以下のような続きがある。そちらも引用しておこう。

憎たらしい人だけどいいとこもあるのよね、という程度で、夫婦はそこそこ平和にやっていけるものである。
(本書「あとがき」より引用)

詰まるところ、これに尽きるのではないだろうか。そして本書には、この結論につながる多くの事例が紹介されているということなのである。

【今回の定年本】
『妻と夫の定年塾』
(西田小夜子著、中日新聞社)

文/印南敦史
作家、書評家、編集者。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年東京生まれ。音楽雑誌の編集長を経て独立。複数のウェブ媒体で書評欄を担当。雑誌「ダ・ヴィンチ」の連載「七人のブックウォッチャー」にも参加。著書に『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)などがある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. https://serai.jp/wp-admin/post.php?post=381371&action=edit 脱サラをしてバーを開業した男性の成功例|さらば! サラリーマン …
  2. 人生の大きな節目「定年」の支えに|『100年後まで残したい 日本人のすごい名言』 「初心忘るべからず」の本当の意味、知っていますか?|人生の大きな…
  3. 生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』 唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない
  4. 定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』 定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方
  5. 働く女性の約4割が「保有資産なし」、日本はおばあちゃん大国時代に突入!女性 たちは定年後をどう生きる? 働く女性の約4割が「保有資産なし」|女性たちは定年後をどう生きる…
PAGE TOP