新着記事

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

定年後に厨房に入る男子のための手引書『かんたん、手抜き、うまい「おとこ飯」』【定年本イッキ読み16】

文/印南敦史

家の料理を誰が作るのかと問われれば、多くの方は「妻」と答えるかもしれない。

たしかに、外で働くことが男の役割だと考えられていた時代には、妻も料理を作ることを厭わなかっただろう。しかし、もうそんな時代は終わっているのだ(あるいは終わりつつあるのだ)と指摘するのが、『かんたん、手抜き、うまい「おとこ飯」―定年からの料理への旅立ち』(新講社)著者の大島清氏である。

人生八十年としてみよう。
いま六十歳の人ならあと二十年が平均的な残り時間だ。この二十年で何食、食べられるか。二十年×三百六十五日×三回として計算すれば、二万千九百食になる。
これに三を掛ければ過去六十年に食べた食の数が出てくる。六万五千七百食である。
残された食を多いと見るか少ないと見るかは、それぞれの感じ方である。
しかし、こういう考え方ができるはずである。男性ならば、過去六万五千七百食のほとんどは母親が作る料理であり、妻が作る料理であり、店の人が作る料理(外食)であったという人が多いはずだ。
それでは、残り二万千九百食は誰が作るのだろうか。
(本書「はじめに●『おとこ飯』こそ定年人生の必修科目」より引用)

すべて外食で済すにはお金がかかりすぎるし、食材や調味料への疑問も残る。食うことが生きることである以上、それを人任せにすることはできない。そう考えると、外食を続けることにも抵抗感が残る。だからこそ、定年を過ぎたら料理に挑戦すべき。それが、本書に通底する考え方である。

本書は(中略)、定年後の生き方を「食べること」を通して描くものである。一言で言えば、「食べることを楽しむ生き方」の発見と実践である。
快活な定年人生、愉快な老後はいかに美味しく食べるかにかかっている。
(本書「はじめに●『おとこ飯』こそ定年人生の必修科目」より引用)

とはいえ料理は、とても奥が深い。その理由のひとつとして、著者はレシピの多さを引き合いに出している。その数は数千、数万におよぶわけだから、それらを全部食べてみようと思ったら人生を一からやりなおしても時間が足りないということである。

そして、もうひとつのポイントは料理の創造性で、そこには“天才”の役割が不可欠だと論じている。料理の実践は、天才たちがいくらでも登場することのできる創造のエリア。そして“天才”たちの多くは“主婦”という生き方をし、自分が天才であることなど露知らず、市井に埋もれて生活しているというのだ。

その存在は決して目立つものではないかもしれないが、彼女たちにしかできない創造的な味、すなわち一杯の味噌汁や一皿の得意料理は、アインシュタインの発見にも劣らないという考え方である。それこそが、料理の創造性だということだ。

おもしろいのは、医学博士である著者が、料理の創造性を脳と紐づけている点である。創造的な脳は老化知らずであるため、創造的なことをやっている限り老化、ボケは近づいてこないのだという。だから、それもまた定年人生で料理が格別な意味を持ってくる理由のひとつだというのである。

定年を迎えるということは、じつはこのアインシュタインや主婦たちだけが密かに楽しんでいた創造の快楽に浸る時間に参加できるということである。
快活な定年人生、愉快な老後はいかに美味しく食べるかにかかっている。
(本書「はじめに●『おとこ飯』こそ定年人生の必修科目」より引用)

なるほど、そう考えてみれば、料理も決して難しいものではないような気がしてくるのではないか。しかも意外なことに、かつて仕事の場でさまざまな試練を体験し、乗り越えてきた世代には大きな武器(ノウハウ)があるのだそうだ。すなわち「段取り」上手だということだ。

手順を考え、ショートカットし、省エネを心がけ、素早く結果を出す。仕事を通じ、そんなノウハウを磨いてきたからこそ、今日の定年がある。だからこそ、そのノウハウを利用しない手はないという発想である。『「手抜き」であろうと、『いい加減』であろうと、『浅知恵』であろうと、料理は結果がすべてである』という一文は、結果を出すために生き抜いてきた男性諸氏にとっては心強いだろう。

いってみれば「早い」「短時間でできる」「かんたん」、そして「楽しい」ことが重要。早い話が、素早くおいしいものができればよいということである。だから本書も、レシピがメインになっている。とはいえ女性向け雑誌に載っているようなそれではなく、著者の見方や感じ方がふんだんに盛り込まれた“読んで楽しめるエッセイ風レシピ”。

だから読み進めていくうちに、いつの間にか「これをつくってみたい」「それにも挑戦してみたい」というように、能動的な気分になれるはず。料理への好奇心を具体的な行動につなげられないままだった人には、格好の一冊なのである。

【今回の定年本】
『かんたん、手抜き、うまい「おとこ飯」―定年からの料理への旅立ち』
(大島 清著、新講社)

文/印南敦史
作家、書評家、編集者。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年東京生まれ。音楽雑誌の編集長を経て独立。複数のウェブ媒体で書評欄を担当。雑誌「ダ・ヴィンチ」の連載「七人のブックウォッチャー」にも参加。著書に『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)などがある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ
  2. あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと
  3. なぜ夫と別れても妻は変わらず健康なのか?
  4. えっバナナ豆乳ウイスキー!? 誰も知らない面白ウイスキーレシピ4…
  5. 金剛院住職の「お寺ごはん」日々の食から“氣づき”を得るカフェ
PAGE TOP