新着記事

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

先達の事例に学ぶ、夢のある「終の棲家」の作り方【定年本イッキ読み13】

文/印南敦史

歳を重ねていくにつれ、とりわけ定年というタイミングが近づいてくると、少なからず「終の棲家(ついのすみか)」を意識するようになるのではないか。そして、その動機として思いつくのは、気に入った家で人生を終えたいという感情だろう。

定年後に終の棲家が欲しいという思いが、まだ漠然としている人もいるかもしれない。そんな人にこそ読んでみてほしい一冊が、『夢のある「終の棲家」を作りたい―定年後、後悔しない家づくり』(大山真人著、大和書房)である。

『夢のある「終の棲家」を作りたい―定年後、後悔しない家づくり』 (大山真人著、大和書房)

著者の大山氏によれば、実際に50代で家を建てる人や、定年を迎えてから家を新しくしたり、増改築に踏み切る人は多いのだという。でも、果たしてその背後にはどのような理由があるのだろう?

ちょっと考えてみた。結婚してまず民間のアパートに住む。子供ができて成長し、それにつれて住む場所も少しずつ大きくなる。やがてマイホームを構える。これはマンション、1戸建て、それも新築、中古など様々だろう。そこに必ずあるのは「子供部屋」。父親や母親の占有スペースはない。作るだけの余裕がないのだ。子供たちはその家で成長し、やがて就職を機に家を出ていく。(本書『夢のある「終の棲家」を作りたい―定年後、後悔しない家づくり』より引用)

そこで、残された夫婦は「ずっと我慢をしてきたのだから、今度はふたりのために家を建てたい」と考えるわけである。それが「終の棲家」であると認識しているからこそ、夢の輪郭がくっきりと映えるという考え方にも納得できよう。

シニア(高齢者)の住まいとして頭に浮かぶのは、ケアハウスや特別養護老人ホーム、バリアフリーのマンションなどかもしれない。しかしそうした施設とはまた別の、健康で元気なシニアが住む家。彼らの夢が詰め込まれた家。それは一体どのようなものなのか? そんなところに興味を抱き、彼らが住む家を取材したいと感じたのだという。

なお取材するにあたっては、次のようなコンセプトを立てたのだそうだ。

(1)定年、または定年を見据えた人、高齢の人が建てた家であること。
(2)例外を除いて、築年数の比較的新しい建物であること。
(3)なぜ家を新築(増改築)しようと思ったのか。できた家で、どのような夢を実現させようとしたのかに触れる。
(4)この家に到達するまでの「家の履歴書」にも触れる。
(5)似たような家ではなく、異なったこだわりを持った家を意識的に選ぶ。

これらを軸として、本書ではそれぞれの思いが込められた12の家が紹介されている。

田園風景を借景とした「アウトドア感覚の家」、打ち放しのコンクリートと古材を共存させた「蔵の家」、元船乗りが作った「船の家」など、それぞれユニークな家ばかり。写真や間取り図に加え、家主がどのような環境に生まれ、どう育ち、どんな家に住んできたのか、そんなストーリーまでもが克明に語られていくので、読めばその家を作った人の思いを感じ取ることができるはずだ。

取材対象となった人々は、現在のサライ世代よりも年齢的には上かもしれないが、見えてくる光景は、少年時代の記憶につながっていくだろう。そして彼らが語る「思い」には、共感できる部分も多数あるはずだ。だからこそ、“誰かの話”でありながら、自分ごととしても無理なく受け入れることができるのである。

そんな本書は「これから自分も終の棲家を建てたい」と考える人に大いに参考になるだろう。実際にそれを成し遂げた人たちのことを知っておけば、そこで彼ら得たものを、今度は自らの家づくりに生かすことができるのだから。

【今回の定年本】
『夢のある「終の棲家」を作りたい―定年後、後悔しない家づくり』
(大山真人著、大和書房)

文/印南敦史
作家、書評家、編集者。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年東京生まれ。音楽雑誌の編集長を経て独立。複数のウェブ媒体で書評欄を担当。雑誌「ダ・ヴィンチ」の連載「七人のブックウォッチャー」にも参加。著書に『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)などがある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ
  2. あなたの猫は大丈夫?高齢シニア猫の「老い支度」に欠かせないこと
  3. なぜ夫と別れても妻は変わらず健康なのか?
  4. えっバナナ豆乳ウイスキー!? 誰も知らない面白ウイスキーレシピ4…
  5. 金剛院住職の「お寺ごはん」日々の食から“氣づき”を得るカフェ
PAGE TOP