【挑戦! 江戸クイズ】寺子屋への入学金は何と呼ばれた?寺子屋に関するクイズ5問

庶民の学び舎「寺子屋」。江戸時代になると農村の寺子屋の数が急増し、より多くの子どもたちが読み書きを習うようになったといいます。

今回は寺子屋に関するクイズを5問、「江戸文化歴史検定」(通称・江戸検)の過去問題からピックアップしてみました。ぜひ挑戦してみてください!

【クイズ1】
江戸時代の教育機関として、寺子屋(手習所)があります。ここでは7・8歳で入門すると、主に読み書きを中心に学習が進められました。入門の際、父母は菓子折りなどに謝礼を添え、持参したといわれています。この謝礼は何と呼ばれていたでしょう?

(い)月謝
(ろ)心付
(は)束脩
(に)寸志

【クイズ2】
江戸時代の庶民の教育機関である寺子屋(手習所)の師匠には、ある技術を用いて指導する人がいたと記録されています。対面指導の際に今でも役立つであろうその技術とは、どれでしょう?

(い)速く字を書く「走書」
(ろ)細かい文字を書く「細書」
(は)人の文字を真似る「写書」
(に)逆さまに文字を書く「倒書」

【クイズ3】
往来物とは、主に寺子屋(手習所)で使われた初歩者向けの教科書です。江戸の寺子屋では、往来物について<名頭と 江戸方角と 村の名と 商売往来 これでたくさん>と詠まれました。さて、この「名頭」とはどのようなものだったでしょう?

(い)有名な苗字などを列記したもの
(ろ)歴代天皇の名前を列記したもの
(は)全国の寺社の名前を列記したもの
(に)各月の名称・異称などを列記したもの

【クイズ4】
寺子屋、手習所などと呼ばれた庶民の教育機関では、さまざまな行事が行われましたが、それらは子どもの書の上達ぶりを見せる一種の発表会でした。では、師匠の家を開け放って通行人にも見えるようにしたり、時に料亭を借りて子どもの作品を披露した行事を、何といったでしょう?

(い)弘法さま
(ろ)浚い
(は)席書
(に)箱書

【クイズ5】
吉田光由が著わした数学の入門書は、寛永4年(1627)に初版が出版され、版を改めながらロングセラーとなり、手習所(寺子屋)の教科書としても使われました。では、この本の題名は何でしょう?

(い)『塵劫記』
(ろ)『窮理通』
(は)『発微算法』
(に)『和漢名数』

以上、5問です。いかがでしょうか?

解答は次のページで発表します!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で