新着記事

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

【挑戦! 江戸クイズ】寺子屋への入学金は何と呼ばれた?寺子屋に関するクイズ5問

庶民の学び舎「寺子屋」。江戸時代になると農村の寺子屋の数が急増し、より多くの子どもたちが読み書きを習うようになったといいます。

今回は寺子屋に関するクイズを5問、「江戸文化歴史検定」(通称・江戸検)の過去問題からピックアップしてみました。ぜひ挑戦してみてください!

【クイズ1】
江戸時代の教育機関として、寺子屋(手習所)があります。ここでは7・8歳で入門すると、主に読み書きを中心に学習が進められました。入門の際、父母は菓子折りなどに謝礼を添え、持参したといわれています。この謝礼は何と呼ばれていたでしょう?

(い)月謝
(ろ)心付
(は)束脩
(に)寸志

【クイズ2】
江戸時代の庶民の教育機関である寺子屋(手習所)の師匠には、ある技術を用いて指導する人がいたと記録されています。対面指導の際に今でも役立つであろうその技術とは、どれでしょう?

(い)速く字を書く「走書」
(ろ)細かい文字を書く「細書」
(は)人の文字を真似る「写書」
(に)逆さまに文字を書く「倒書」

【クイズ3】
往来物とは、主に寺子屋(手習所)で使われた初歩者向けの教科書です。江戸の寺子屋では、往来物について<名頭と 江戸方角と 村の名と 商売往来 これでたくさん>と詠まれました。さて、この「名頭」とはどのようなものだったでしょう?

(い)有名な苗字などを列記したもの
(ろ)歴代天皇の名前を列記したもの
(は)全国の寺社の名前を列記したもの
(に)各月の名称・異称などを列記したもの

【クイズ4】
寺子屋、手習所などと呼ばれた庶民の教育機関では、さまざまな行事が行われましたが、それらは子どもの書の上達ぶりを見せる一種の発表会でした。では、師匠の家を開け放って通行人にも見えるようにしたり、時に料亭を借りて子どもの作品を披露した行事を、何といったでしょう?

(い)弘法さま
(ろ)浚い
(は)席書
(に)箱書

【クイズ5】
吉田光由が著わした数学の入門書は、寛永4年(1627)に初版が出版され、版を改めながらロングセラーとなり、手習所(寺子屋)の教科書としても使われました。では、この本の題名は何でしょう?

(い)『塵劫記』
(ろ)『窮理通』
(は)『発微算法』
(に)『和漢名数』

以上、5問です。いかがでしょうか?

解答は次のページで発表します!

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る…
  2. 江戸最悪の暴君 3位は真田信利、2位は松平忠輝。では1位は?
  3. 牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっ…
  4. 豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】
  5. 「江戸」から「東京へ」…150年の変遷を辿る企画展
PAGE TOP