新着記事

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

【挑戦!江戸クイズ】江戸の町にとくに多かった食べ物屋とは? 江戸の食べ物に関するクイズ4問

それでは、正解を発表します!

【クイズ1】

<鎌倉の 海よりいでし (   ) みな武蔵野の はらにこそ入れ>
この狂歌は「原」と「腹」をかけたもので、ある食べ物を江戸の人がこぞって食べたことを詠んだものです。(   )に入る食べ物とは、何でしょう?

(い)握り寿司
(ろ)初鰹
(は)帆立貝
(に)焼鰻

正解(ろ)
初物好きの江戸っ子にとっても、初鰹は特別なものだった。当時は鎌倉沖が漁場とされ、江戸に着く前に海上で取り引きされることもあった。

【クイズ2】
江戸時代後期の風俗を考証した『守貞謾稿』には、江戸の食べ物商売についての詳細が記されています。では、京都・大阪には少ないのですが、江戸には1~2町に1軒はあったとされている食べ物屋とは、何でしょう?

(い)鰻屋
(ろ)蕎麦屋
(は)茶漬屋
(に)天ぷら屋

正解(ろ)
それまでの蕎麦粥や蕎麦掻きに代わって、江戸時代になると蕎麦切りが普及し、江戸には屋台の蕎麦屋が増えていった。江戸時代中期から後期にかけて、屋台ではかけ蕎麦1杯が16文ほどで売られた。

【クイズ3】
江戸前の握り寿司について、次の記述のうち、正しいのはどれでしょう?

(い)元禄期、江戸前の握り寿司が誕生した
(ろ)寛政期、江戸では屋台の寿司屋は禁止されていた
(は)文化期、寿司種ではマグロのトロが人気で、高価だった
(に)文政期、江戸には屋台のほか、店を構える握り寿司屋が出現した

正解(に)
江戸前の握り寿司が登場したのは、文政期(1818~30)のことと考えられている。

【クイズ4】
明暦3年(1657)の大火のあと、ある食べ物を売る店が浅草寺門前にでき、この店はのちの料理茶屋のさきがけとなりました。ではこの食べ物とは何でしょう?

(い)鯛茶飯
(ろ)奈良茶飯
(は)高菜飯
(に)納豆飯

正解(ろ)
『守貞謾稿』に、明暦の大火後、浅草寺門前の茶屋が、茶飯(茶で炊いた飯に茶をかけて食べるもの)と豆腐汁・煮しめ・煮豆などのセットを、奈良茶飯と名づけて売り始めたところ、江戸中の評判になったとある。

*  *  *

いかがでしたか? 今回の正解率は全問50%以上でした。中でも1問目は91%と多くの人が正解していました。全問解けた方はぜひ江戸検で腕試しをしてみてくださいね!

※ただいま第12回江戸文化歴史検定【本試験】受検申し込み受付中!
詳細は下記サイトをご覧ください。
↓↓↓
http://www.edoken.jp/

※問題の出典:『第3回江戸文化歴史検定(2008年度)江戸検出題問題公式解説集』『“通”になる“粋”になる 江戸検クイズ百問答<文化・世相編>』

取材・文/オノハルコ(晴レノ日スタヂオ)

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】 「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】
  2. 松江城天守には、前身である月山富田城から運ばれてきた材木が一部に利用されている 徳川家康と石田三成の仲介役を果たし、国宝・松江城を築く|三英傑に…
  3. 藤堂高虎が考案した「層塔型天守」の代表格である宇和島城 築城術と忠誠心で勝ち取った秀吉と家康の信頼|三英傑に仕え「全国転…
  4. 松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】 松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】
  5. 豊臣秀吉によって破却された富山城。江戸時代に前田家の分家が独立し、居城として改修した。現在の天守は昭和29年に建造 織田家への忠誠心を抱き続けた末の不運な最期|三英傑に仕え「全国転…
PAGE TOP