新着記事

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編18】

男性管理職のメンタル不調は深刻化か? メンタル不調の悩みの約4分の1は40代男性から!

男性40代のメンタル不調が急増!? 悩みの原因は「職場の問題」と「自分自身のこと」

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

油麻地

懐かしく怪しき香り漂うディープな街 「油麻地」裏通りを行く(香港)

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

令和初のボーナスの使い途|使う金額、用途、支払い方法は?

令和初のボーナスの使い途|将来のために貯金をする人が約7割!

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【挑戦!江戸クイズ】江戸の町にとくに多かった食べ物屋とは? 江戸の食べ物に関するクイズ4問

それでは、正解を発表します!

【クイズ1】

<鎌倉の 海よりいでし (   ) みな武蔵野の はらにこそ入れ>
この狂歌は「原」と「腹」をかけたもので、ある食べ物を江戸の人がこぞって食べたことを詠んだものです。(   )に入る食べ物とは、何でしょう?

(い)握り寿司
(ろ)初鰹
(は)帆立貝
(に)焼鰻

正解(ろ)
初物好きの江戸っ子にとっても、初鰹は特別なものだった。当時は鎌倉沖が漁場とされ、江戸に着く前に海上で取り引きされることもあった。

【クイズ2】
江戸時代後期の風俗を考証した『守貞謾稿』には、江戸の食べ物商売についての詳細が記されています。では、京都・大阪には少ないのですが、江戸には1~2町に1軒はあったとされている食べ物屋とは、何でしょう?

(い)鰻屋
(ろ)蕎麦屋
(は)茶漬屋
(に)天ぷら屋

正解(ろ)
それまでの蕎麦粥や蕎麦掻きに代わって、江戸時代になると蕎麦切りが普及し、江戸には屋台の蕎麦屋が増えていった。江戸時代中期から後期にかけて、屋台ではかけ蕎麦1杯が16文ほどで売られた。

【クイズ3】
江戸前の握り寿司について、次の記述のうち、正しいのはどれでしょう?

(い)元禄期、江戸前の握り寿司が誕生した
(ろ)寛政期、江戸では屋台の寿司屋は禁止されていた
(は)文化期、寿司種ではマグロのトロが人気で、高価だった
(に)文政期、江戸には屋台のほか、店を構える握り寿司屋が出現した

正解(に)
江戸前の握り寿司が登場したのは、文政期(1818~30)のことと考えられている。

【クイズ4】
明暦3年(1657)の大火のあと、ある食べ物を売る店が浅草寺門前にでき、この店はのちの料理茶屋のさきがけとなりました。ではこの食べ物とは何でしょう?

(い)鯛茶飯
(ろ)奈良茶飯
(は)高菜飯
(に)納豆飯

正解(ろ)
『守貞謾稿』に、明暦の大火後、浅草寺門前の茶屋が、茶飯(茶で炊いた飯に茶をかけて食べるもの)と豆腐汁・煮しめ・煮豆などのセットを、奈良茶飯と名づけて売り始めたところ、江戸中の評判になったとある。

*  *  *

いかがでしたか? 今回の正解率は全問50%以上でした。中でも1問目は91%と多くの人が正解していました。全問解けた方はぜひ江戸検で腕試しをしてみてくださいね!

※ただいま第12回江戸文化歴史検定【本試験】受検申し込み受付中!
詳細は下記サイトをご覧ください。
↓↓↓
http://www.edoken.jp/

※問題の出典:『第3回江戸文化歴史検定(2008年度)江戸検出題問題公式解説集』『“通”になる“粋”になる 江戸検クイズ百問答<文化・世相編>』

取材・文/オノハルコ(晴レノ日スタヂオ)

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 高山親子が居住していたとされる地に立つ「高山右近生誕地の碑」(大阪府豊能町) キリシタン大名の数奇な人生|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆ…
  2. 「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽん歴史夜話17】 「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽ…
  3. 応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり 出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【…
  4. 「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】 「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっ…
  5. 高知城内 山内一豊の妻 銅像 「山内一豊の妻」伝説を検証する【にっぽん歴史夜話15】
PAGE TOP