新着記事

コンプライアンス 【ビジネスの極意】もし、あなたの部下が「道頓堀ダイブ」したら、どうする? 日本の美術館 日本の美術館ランキング2018 トップ20 JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは? 隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】 快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】 家の中の危険をチェック! ほとんどの事故は家庭内で起きている 家の中の危険をチェック!高齢者事故の8割は家庭内で起きている サライ世代に聞いた「読み直したい古典」ランキング パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ 【ビジネスの極意】パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

【江戸クイズ】江戸時代の宣伝用チラシは何と呼ばれた?江戸の商法に関するクイズ3問

おいしそうな料理の写真、お買い得感をアピールするキャッチフレーズ……、購買意欲をそそるチラシに誘われて、思わずお店に行ってしまった経験はありませんか?

江戸時代の商人達も客を呼ぶために宣伝や商法に工夫を凝らしていきました。チラシも作っていたそうですよ!

今回は江戸時代の商人が実践した商法に関するクイズを3問、「江戸文化歴史検定」(通称・江戸検)の過去問題からピックアップしてみました。ぜひ挑戦してみてください!

【クイズ1】
商品の宣伝や開店の案内などを印刷した、現代の宣伝用チラシにあたるものを、何といったでしょう?

(い)鑑札
(ろ)散紙
(は)伝単
(に)引札

【クイズ2】
広告媒体が限られた江戸時代、看板は商品や店の場所を示す重要な手段で、ひと目で商売の内容や扱っているものがわかるよう、さまざまな工夫が凝らされました。では、次の写真はどんな商売の看板でしょう?

(い)「船宿」(紐が川の流れを表わした)
(ろ)「筆屋」(筆先をシンボル化した)
(は)「質屋」(紐が「質流れ」を表わした)
(に)「居酒屋・飯屋」(縄暖簾が掛かっていた)

【クイズ3】
三井越後屋がおおいに繁盛するきっかけとなった売買方法に、「現銀掛け値なし」があります。では、次のうちこの売買方法にもっとも近いのは、どれでしょう?

(い)定価販売
(ろ)値引き販売
(は)代金後払い
(に)景品付き販売

以上、3問です。いかがでしょうか?

解答は次のページで発表します!

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 江戸時代、犬と鷹はどちらが偉かったのか?
  2. 「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】
  3. 東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る…
  4. 江戸最悪の暴君 3位は真田信利、2位は松平忠輝。では1位は?
  5. 牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっ…
PAGE TOP