【江戸クイズ】家康が鷹狩りの休憩所を設けた花見の名所は?江戸の行楽地に関するクイズ4問

江戸の町には庶民のための行楽地が点在していました。花見をしたり、鳥のさえずりに聞き惚れたり……、季節の風情や景観を粋に楽しんだそうです。

さて、江戸っ子達に人気の行楽地はどんなところだったのでしょうか? 今回は江戸の名所に関するクイズを4問、「江戸文化歴史検定」(通称・江戸検)の過去問題からピックアップしてみました。

【クイズ1】
江戸には桜の名所がいくつかありました。そのうち、品川宿周辺の花見の名所で、徳川家康が鷹狩りの際の休息所を設けたことでも知られる場所は、どこでしょう?

(い)飛鳥山
(ろ)上野山
(は)御殿山
(に)待乳山

【クイズ2】
江戸の根岸は上野台地東側の田園地帯に位置し、文人・風流人の住まいが多かった場所です。ここはまた、ある鳥の名所としても知られていました。その鳥とは何でしょう?

(い)ウグイス
(ろ)カッコウ
(は)タカ
(に)ミヤコドリ

【クイズ3】
標高が26メートルしかないにもかかわらず、江戸時代には眺望が良いことで知られた山は、次のうちどれでしょう? 幕末に来日した写真家ベアトは、この山から江戸を眺めるパノラマ写真を撮影しています。

(い)愛宕山
(ろ)飛鳥山
(は)御殿山
(に)天保山

【クイズ4】
酒井抱一・大田南畝など江戸の名だたる文人の協力を得て、佐原鞠塢がつくった庭園は、現在は向島百花園の名前で知られています。この庭園は、さまざまな名前で呼ばれましたが、そのひとつとして正しいのはどれでしょう?

(い)六義園
(ろ)百草園
(は)新梅屋敷
(に)隅田川御殿

以上、4問です。いかがでしょうか?

解答は次のページで発表します!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で