新着記事

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【江戸クイズ】お蔭参りの必須アイテムだった日用品とは?伊勢参りに関するクイズ4問

式年遷宮や伊勢志摩サミットで、近年、改めて注目を集めた伊勢神宮。江戸時代にも、幾度となく、伊勢参りが流行し、多くの庶民が伊勢神宮に参宮しようと旅に出ました。

今回は、伊勢参りに関するクイズを4問、「江戸文化歴史検定」(通称・江戸検)の過去問題からピックアップしてみました。ぜひ挑戦してみてください!

【クイズ1】
伊勢神宮へのお蔭参りでは、多くの人が十分な準備もなく出発し、道中の人々の施行を受けて参宮を果たしました。彼らの多くは施しを受けるために、ある日用品を持って出かけましたが、それは何でしょう?

(い)印籠
(ろ)桶
(は)盥
(に)柄杓

【クイズ2】
十返舎一九著『東海道中膝栗毛』にも登場する、伊勢土産として有名な腹痛・胃腸病などに効く丸薬はどれでしょう?

(い)実母散
(ろ)陀羅尼助
(は)読書丸
(に)万金丹

【クイズ3】
江戸後期には、伊勢参宮がさかんに行なわれるようになりました。では、東国の庶民の伊勢参宮についての記述として、正しいのはどれでしょう?

(い)伊勢参宮のあとに、京で寺社参詣をしてはいけなかった
(ろ)御師と呼ばれる神職らが、伊勢暦や御札を配って参宮をすすめた
(は)寒さを避けるため、夏から秋にかけてが参宮の最盛期だった
(に)宮川を渡ると神域に入り、駕籠料金も割高となった

【クイズ4】
江戸時代には伊勢参りをめぐる奇談がいくつかあり、それらをまとめて出版した本もありました。さて、会津藩士小川渉著『志ぐれ草紙』をはじめ、江戸時代の随筆などにもよくみられる伊勢参りに関する奇談とは、次のどれでしょう?

(い)鳩が御札を運んできた
(ろ)御札と一緒にオタマジャクシが降ってきた
(は)伊勢参りの帰りに小判をくわえた蛇に出会った
(に)犬が1匹ではるばる遠方から伊勢参りをした

以上、4問です。いかがでしょうか?

解答は次のページで発表します!

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっ…
  2. 豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】
  3. 「江戸」から「東京へ」…150年の変遷を辿る企画展
  4. 戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜…
  5. キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【に…
PAGE TOP