新着記事

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並み紀行 第3回】

写真・文/石津祐介栃木県の南部、埼玉県と群馬県の県境に位置する栃木市は、江戸時代には…

歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌仙と古筆》展

取材・文/池田充枝宮廷文化の雅を代表する和歌の世界。三十一文字に託された表現美とその情趣は、…

綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏…

大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近所食堂 第8回】

文/鈴木隆祐北野高校のある十三は、大阪中で愛される「下町甘味の両雄」が相並ぶ街…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【江戸クイズ】お蔭参りの必須アイテムだった日用品とは?伊勢参りに関するクイズ4問

式年遷宮や伊勢志摩サミットで、近年、改めて注目を集めた伊勢神宮。江戸時代にも、幾度となく、伊勢参りが流行し、多くの庶民が伊勢神宮に参宮しようと旅に出ました。

今回は、伊勢参りに関するクイズを4問、「江戸文化歴史検定」(通称・江戸検)の過去問題からピックアップしてみました。ぜひ挑戦してみてください!

【クイズ1】
伊勢神宮へのお蔭参りでは、多くの人が十分な準備もなく出発し、道中の人々の施行を受けて参宮を果たしました。彼らの多くは施しを受けるために、ある日用品を持って出かけましたが、それは何でしょう?

(い)印籠
(ろ)桶
(は)盥
(に)柄杓

【クイズ2】
十返舎一九著『東海道中膝栗毛』にも登場する、伊勢土産として有名な腹痛・胃腸病などに効く丸薬はどれでしょう?

(い)実母散
(ろ)陀羅尼助
(は)読書丸
(に)万金丹

【クイズ3】
江戸後期には、伊勢参宮がさかんに行なわれるようになりました。では、東国の庶民の伊勢参宮についての記述として、正しいのはどれでしょう?

(い)伊勢参宮のあとに、京で寺社参詣をしてはいけなかった
(ろ)御師と呼ばれる神職らが、伊勢暦や御札を配って参宮をすすめた
(は)寒さを避けるため、夏から秋にかけてが参宮の最盛期だった
(に)宮川を渡ると神域に入り、駕籠料金も割高となった

【クイズ4】
江戸時代には伊勢参りをめぐる奇談がいくつかあり、それらをまとめて出版した本もありました。さて、会津藩士小川渉著『志ぐれ草紙』をはじめ、江戸時代の随筆などにもよくみられる伊勢参りに関する奇談とは、次のどれでしょう?

(い)鳩が御札を運んできた
(ろ)御札と一緒にオタマジャクシが降ってきた
(は)伊勢参りの帰りに小判をくわえた蛇に出会った
(に)犬が1匹ではるばる遠方から伊勢参りをした

以上、4問です。いかがでしょうか?

解答は次のページで発表します!

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 新発見の史料で判明!初代江戸城は「日本最強の要塞」だった
  2. “戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史…
  3. 前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】
  4. 加賀百万石の祖・前田利家の知られざる3つの顔【にっぽん歴史夜話2…
  5. 坂本龍馬が命を落とした宿の名は?幕末動乱クイズ5問【挑戦!江戸ク…
PAGE TOP