【江戸クイズ】江戸の大道芸人「手妻遣い」の芸って何?江戸の商いに関するクイズ5問

スーパーもコンビニもなかった江戸時代。江戸っ子たちは日々の暮らしに必要なものを、道行く行商人から購入したり、専門店に買い物に行ったりして調達していました。

今回は、江戸の商いに関するクイズを5問、「江戸文化歴史検定」(通称・江戸検)の過去問題からピックアップしてみました。ぜひ挑戦してみてください!

【クイズ1】
江戸の町には、駿河町の越後屋、通旅籠町の大丸屋、尾張町二丁目の亀屋と恵比寿屋などの大店がありました。では、これらの商店が共通して扱っていた商品は、次のうちどれでしょう?

(い)乾物
(ろ)呉服
(は)金物
(に)薬種

【クイズ2】
下の絵は「洋風日本風俗画帖」に描かれた行商人の姿です。隅田川東岸の本所や深川によく見られたこの商売とは、次のうちどれでしょう?

(い)金魚売り
(ろ)水売り
(は)豆腐売り
(に)糞尿買い

【クイズ3】
江戸時代には、振り売り(棒手振り)がそれぞれ独特な売り声をかけながら商品を売り歩きました。たとえば、水売りは「ひゃっこい」です。では、アサリのむき身売りは何と声をかけたでしょう?

(い)あさアリあさあさ
(ろ)あさアリかいかい
(は)あさアリむっきん
(に)あさアリもっきん

【クイズ4】
江戸時代の大道芸人「手妻遣い」とは、今でいうとどんな芸人でしょう?

(い)コミックバンド
(ろ)ものまね芸人
(は)マジシャン
(に)人形遣い

【クイズ5】
松井源水がある商品を売るために余興で行なった独楽回しは評判を呼び、浅草寺本堂裏・奥山の名物になりました。では、源水が売っていた商品は何でしょう?

(い)歯磨き粉
(ろ)油
(は)下駄
(に)軟膏薬

以上、5問です。いかがでしょうか?

解答は次のページで発表します!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で