新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)牡羊座~蟹座編

会社の固定電話が鳴ると緊張する、知らない番号からの着信には出ない、知られざる「電話恐怖症」の実態

上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

野筆セット|野外で書道を愉しめる小型・軽量の墨筆セット

発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。

『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は競って庭園を造ったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

折りたためるオールシーズンハット|オーソドックスなスタイルで誰でも似合う“普通の帽子”

イラスト/和田聡美

吉田鋼太郎の怪演で人気沸騰! 松永久秀は本当に梟雄・悪人だったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

裏は茶畑で駅前には水田が広がる駅。昔ながらの対面式ホームが残り、列車の待ち合わせも行なわれる。ここの木造駅舎も必見。

国鉄二俣線を引き継いだ天浜線(天竜浜名湖鉄道)|古き良き鉄道風景が残るローカル線の駅を巡る旅

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

【江戸クイズ】江戸の名産品番付で「東の大関」は何だった?庶民に愛された江戸時代の名産品

それでは、正解を発表します!

【クイズ1】
東海道を旅する人々にとって、旅先の名物は楽しみのひとつでした。とくに甘い餅は、腹持ちするうえに疲労回復に効果があるとあって、人気の品です。では、次の宿場と名物の餅の組み合わせで、間違っているのはどれでしょう?
(い)大磯宿―西行餅
(ろ)府中宿―安倍川餅
(は)日坂宿―日永餅
(に)草津宿―姥が餅

正解(は)
日永餅は四日市宿の名物で、日坂宿のものではない。よって(は)が正解。

【クイズ2】
下の図は、「諸国名物見立てひやうばん(評判)」という番付の一部です。西の大関は「土佐 鰹節」ですが、東の大関は次のうち、どれでしょう? 北前船で運ばれた名産品です。

(い)陸奥―松前昆布
(ろ)陸奥―南部鉄瓶
(は)出羽―蠟
(に)越中―薬

正解(い)
「諸国名物見立てひやうばん」は「見立番付」と呼ばれている摺物で、相撲番付に見立てたものである。「東の方」は東日本の名産品を、「西の方」は西日本の名産品を並べる。
天保11年(1840)12月の記をもつ「諸国産物大数望」も、大関が「陸奥 松前昆布」になっているため、松前昆布は定番の品目であったことがわかる。

【クイズ3】
小田原宿の名物は「外郎」で、歌舞伎十八番の代表的な演目である「外郎売り」にも取り上げられています。さて、この「外郎」とは、本来どんなものだったでしょう?

(い)甘いお菓子
(ろ)かまぼこ
(は)薬
(に)提灯

正解(は)
外郎とは、室町時代、外郎延祐によって中国からもたらされた薬で、正式名は透頂香。消化器疾患、痰切り、口臭消しなどに用いられた。
小田原の外郎は、北条氏の御用商人となった外郎氏が製造販売したもの。東海道筋で道中薬として人気を得た。
現在、名物とされている「ういろう」は、古くはういろう餅といい、薬の外郎の口直しとっされたもの。

【クイズ4】
次の歌川広重画「名所江戸百景墨田河橋場の渡かわら竈」に描かれた煙は、この地域の名産品であったものを焼く際のものです。瓦や七輪のほか、植木鉢や土人形などおもに庶民の日用品がつくられましたが、この焼物とは何でしょう?

(い)浅草焼
(ろ)今戸焼
(は)人形焼
(に)本所焼

正解(ろ)
広重が描いた煙は「今戸焼」の煙である。この焼物は、天正年間(1573~92)の創始といわれ、貞享年間(1684~88)に湯をわかす茶道具の土風炉や灯心皿、火鉢などが焼かれ、名を知られるようになる。おもに日用雑器や瓦を生産し、招き猫や稲荷の狐などの今戸焼人形でも知られた。

*  *  *

いかがでしたか? 日本列島の各地でそれぞれの文化が発展し、多彩な名産品が生み出されていたんですね!

今回の出題は全て1級と2級からの出題。難易度は少し高めでした。全問解けた方は自信を持ってぜひ江戸検定にチャレンジしてみてくださいね!

※受検申し込み等の詳細については、下記のサイトをご覧ください。
http://www.edoken.jp/
※問題の出典:『第4回 江戸検問題公式解説集』『第3回江戸文化歴史検定(2008年度)江戸検出題問題公式解説集』

取材・文/オノハルコ(晴レノ日スタヂオ)

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 勝龍寺城は光秀の娘・玉(ガラシャ夫人)が藤孝の子・忠興のもとに嫁いだ城でもある 『麒麟がくる』光秀、波乱の人生最期の城までの軌跡|三英傑に仕え「…
  2. 光秀が仕えた斎藤道三の稲葉山城跡地に信長が岐阜城を築いた ミステリアスな『麒麟がくる』主人公・光秀の足跡を追う|三英傑に仕…
  3. 越前の雄・朝倉義景とその一族【にっぽん歴史夜話27】
  4. 明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園 明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】
  5. 石清水八幡宮 「嘉吉(かきつ)の乱」とは何か~将軍・足利義教謀殺【にっぽん歴史…
PAGE TOP