新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【江戸クイズ】ペリーも驚愕した力士の怪力の秘訣とは?外国人と交流のあった日本人に関するクイズ4問

東京オリンピックの開催も控え、外国人観光客が増加傾向にある日本。今や外国人が街を歩く光景は普通ですが、鎖国状態にあった江戸時代で外国人は非常に珍しかったといいます。

しかしながら、外国人との交流は皆無ではありませんでした。今回は江戸時代に外国人との交流があった日本人に関するクイズを4問、「江戸文化歴史検定」(通称・江戸検)の過去問題からピックアップしてみました。ぜひ挑戦してみてください。

【クイズ1】
寛政5年(1793)、漂流民大黒屋光太夫らは、江戸城吹上で将軍徳川家斉に拝謁しました。このとき、ロシアで知られている日本人として、光太夫が中川淳庵とともにあげた人物とは、誰でしょう?

(い)桂川甫周
(ろ)塙保己一
(は)徳川家斉
(に)林子平

【クイズ2】
18世紀以降、日本と通商を求める列強は、漂流民の送還を幕府との交渉のきっかけにしようとしました。では、文化元年(1804)、長崎に来航したロシア使節レザノフ一行に伴われて、11年ぶりに帰国した漂流民は、誰でしょう?

(い)ジョン万次郎
(ろ)尾張国の漁師、音吉
(は)仙台の水夫、津太夫
(に)ジョセフ・ヒコ

【クイズ3】
上総出身の巨漢力士小柳常吉は、嘉永7年(1854)、ペリーが再来航した折、米俵4俵(約240kg)をひとりで持ち上げ軽々と運び、アメリカ人の度肝を抜いたといいます。そのとき怪力の理由を問われた小柳は、何と答えたでしょう?

(い)子どものころから相撲に興じていたから
(ろ)上等の米を食べ、良い酒を飲んでいるから
(は)母親が丈夫に生んでくれたから
(に)欧米人に負けないように鍛錬しているから

【クイズ4】
18世紀以降、日本との通商を求める列強は、漂流民の送還を口実に幕府と交渉しようとしました。では、天保3年(1832)に遭難し、天保8年にアメリカの商船モリソン号で日本に送還されながら追い返された漂流民は、次のうち誰でしょう? その後、彼は上海、シンガポールで暮らしました。

(い)奥州・若宮丸の津太夫
(ろ)尾張・督乗丸の重吉
(は)尾張・宝順丸の音吉
(に)摂津・歓喜丸の久蔵

以上、4問です。いかがでしょうか?

解答は次のページで発表します!

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっ…
  2. 豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】
  3. 「江戸」から「東京へ」…150年の変遷を辿る企画展
  4. 戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜…
  5. キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【に…
PAGE TOP