新着記事

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

スマートフォンを見ながら、指示通りにノートに板書する

日本より進んでいる!? カンボジアのオンライン授業はSNSが大活躍

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)牡羊座~蟹座編

会社の固定電話が鳴ると緊張する、知らない番号からの着信には出ない、知られざる「電話恐怖症」の実態

上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

野筆セット|野外で書道を愉しめる小型・軽量の墨筆セット

発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。

『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は競って庭園を造ったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

折りたためるオールシーズンハット|オーソドックスなスタイルで誰でも似合う“普通の帽子”

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

北斎の娘「葛飾応為」の意外すぎる名前の由来とは?【江戸の浮世絵クイズ4問】

6742120171_20300c80a9_z

粋な江戸っ子達の日常がいきいきと伝わってくる浮世絵。表情豊かな町人や美しい景色が楽しい気持ちにさせてくれます。

今回は、時代を超えて親しまれる浮世絵を描いた江戸の絵師達にまつわるクイズを4問、「江戸文化歴史検定」(通称・江戸検)の過去問題から集めてみました。ぜひチャレンジしてみてください!

【クイズ1】
葛飾北斎には、画号を葛飾応為と名のる娘がいました。遺された作品から、彼女は才能に恵まれた絵師であったことがうかがえます。彼女の画号の由来として伝わるエピソードは、次のうちどれでしょう?

(い)北斎がいつも「おーい(おうい)」と呼んでいたから
(ろ)父に内緒で円山応挙を尊敬していたから
(は)どんな依頼にも応じて絵を描いたから
(に)北斎が「扇」という名前と聞き間違えたから

【クイズ2】
明和2年(1765)に誕生した多色摺り木版画は、文政期以降に普及した、鮮やかで明るい藍色を特徴とする新しい染料「ベロ藍」によって、いっそう豊かな表現力を獲得しました。では、この「ベロ藍」の名前の由来は何でしょう?

(い)ベロ(舌)の上で唾液で溶いて使ったから
(ろ)O157と同じベロ毒素が含まれていたから
(は)発明地であるベルリンがなまってベロとなった
(に)便利堂という店がロシアから仕入れてきたから

【クイズ3】
この図は江戸時代に流行した「判じ絵」と呼ばれる、絵で示すクイズです。この図は江戸のある地名を示していますが、それはどこでしょう?

無題

(い)阿佐ヶ谷
(ろ)赤坂
(は)麻布
(に)浅草

【クイズ4】
明和2年(1765)は、のちに世界を魅了することになる多色摺りの木版画が発明された年です。では、これまでほぼ単色摺りだった木版画を一新した、多色摺り木版画の技法を当時、何といったでしょう?

(い)きれい絵
(ろ)錦絵
(は)極彩絵
(に)虹絵

以上、4問です。いかがでしょうか?

解答は次のページで発表します!

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 勝龍寺城は光秀の娘・玉(ガラシャ夫人)が藤孝の子・忠興のもとに嫁いだ城でもある 『麒麟がくる』光秀、波乱の人生最期の城までの軌跡|三英傑に仕え「…
  2. 光秀が仕えた斎藤道三の稲葉山城跡地に信長が岐阜城を築いた ミステリアスな『麒麟がくる』主人公・光秀の足跡を追う|三英傑に仕…
  3. 越前の雄・朝倉義景とその一族【にっぽん歴史夜話27】
  4. 明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園 明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】
  5. 石清水八幡宮 「嘉吉(かきつ)の乱」とは何か~将軍・足利義教謀殺【にっぽん歴史…
PAGE TOP