新着記事

【医学部受験経験者1,004人への調査で判明】受験勉強法と必勝ツール

愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと

最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

【江戸クイズ】お江戸日本を震撼させた傑物4人!クイズ「私は誰でしょう?」(全4問)

ce1190f66d0e1d7ae86aadd5afc2265e_s

歌舞伎や浮世絵など様々な文化が生まれ、医学や工業の技術も発達した江戸時代。後期には欧米人がやってきて、時代は転換期を迎えます。約250年間の長い江戸時代は、日本が変わるターニングポイントの1つであったともいえるでしょう。

江戸時代には後世に語り継がれるような偉人がたくさんいます。海外の画家に影響を与える絵を描いた人から、時代を前に進めるために身を投じた人など分野はさまざま。

そこで、今回は「江戸文化歴史検定」(通称・江戸検)の過去問題から、江戸時代に活躍した人を紹介する問題を4問ピックアップしてみました。ぜひ挑戦してみてください。

【クイズ1】
私は享保18年(1733)生まれ。オランダ医学を学んだのち、江戸の小塚原で死刑囚の解剖を行なって人体を調べ、その経験を生かして『解体新書』を訳述しました。また、その回想録として『蘭学事始め』を著わしました。さて、私は誰でしょう?

(い)平賀源内
(ろ)杉田玄白
(は)関孝和
(に)渋川春海

【クイズ2】
私は宝暦10年(1760)、江戸で生まれました。狩野派・土佐派や西洋画など諸画報を習得し、自分の画風を大成しました。とくに「神奈川沖浪裏」や「凱風快晴」をはじめとする版画シリーズ『冨嶽三十六景』は有名です。さて、私は誰でしょう?

(い)歌川広重
(ろ)鈴木春信
(は)葛飾北斎
(に)菱川師宣

【クイズ3】
私は天保6年(1835)、土佐国の郷士の家に生まれました。日本最初の株式会社・亀山社中を興し、海援隊を組織、薩長同盟の成立に貢献しましたが、33歳で凶刃に倒れました。さて、私は誰でしょう?

(い)岡田以蔵
(ろ)中岡慎太郎
(は)武市半平太
(に)坂本龍馬

【クイズ4】
私は1796年生まれのドイツ人です。1823年、長崎出島のオランダ商館付医師として訪日し、鳴滝塾を開きました。門下生に高野長英らがおり、蘭学の発展に貢献しましたが、1828年に帰国するとき、日本地図の持ち出しが見つかって国外追放となりました。さて、私は誰でしょう?

(い)ウィリアム・アダムズ
(ろ)ヤン・ヨーステン
(は)フィリップ・シーボルト
(に)ジョセフ・ヒコ

以上、4問です。いかがでしょうか? 今回はちょっと簡単だったかもしれませんね。

解答は次のページで発表します!

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 織田信長の妻・帰蝶(濃姫)と斎藤道三~謎に満ちた父娘【にっぽん歴…
  2. 江戸城・松の大廊下跡 「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴…
  3. 足利尊氏像 「観応の擾乱」(かんのうのじょうらん)とは何か~足利尊氏・直義兄…
  4. 仙石秀久の時代に築かれた小諸城大手門(国重要文化財) 大失態を犯し追放されたが、再び秀吉の信頼を得て乱世を生き抜いた男…
  5. 楠木正成像 楠木正成~「忠臣」か「悪党」か【にっぽん歴史夜話21】
PAGE TOP