新着記事

「苔」が美しい京都の寺4選

取材・文/末原美裕「苔むす」という言葉もあるように、長い歳月をかけて京都に息付いてい…

標本と剥製の違いとは? 鳥標本が教えてくれるたくさんの知の世界

文/柿川鮎子文京区教育センターでは10月20日土曜日まで、東京大学が世界中から集めた…

【編集長レポート】新館オープンの日本橋髙島屋S.C.に「オジさんの楽園」があった!

取材・文・写真/小坂眞吾(『サライ』編集長)日本橋髙島屋は9月25日に新館がオープンし、都市…

犬も猫も1位は雑種?|最新ペット人気ランキング

ストレスの多い現代人を癒す存在、ペット。かわいい犬や猫の動画や画像は、テレビ、ウェブ、SNS、な…

快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣

取材・文/渡辺陽毎日、快適に眠れていますか。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針…

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

夏目漱石の日々を描く「日めくり漱石」人気記事TOP10

284b9217718978e93edf1075726ae58d_m

文/編集部

夏目漱石没後100年を記念して、2016年1月1日からまる1年にわたって『サライ.jp』で毎日連載してきた、矢島裕紀彦さんの「日めくり漱石」が、ついに大団円を迎えました。毎朝6時の更新を心待ちにされていた方も、少なくないのではないでしょうか。

全365回の大型連載を完走された矢島さんからは、次のメッセージをいただいています。

「連載を無事に終えることができて、いま正直ほっとしています。

この1年間、夏目漱石とその周辺の人びとが織りなす日常の出来事を、毎日欠かすことなく見つめ直してきました。同じ生活者の立場から、現代の私たちにも共通する思いや悩みなどが随所に感じられ、漱石に親しみを感じる一方で、その知識や教養の奥深さに圧倒されたり、周りの人間に対するあふれんばかりのやさしさが心にしみいる日々でした。

この連載を通して、偉大な文豪・夏目漱石の背景にある、人間・漱石の素顔を、読者の皆様にも少しでも感じていただけたなら幸いです。ご愛読ありがとうございました。」

矢島さん、おつかれさまでした!

さて、ここで連載完結を記念して、「日めくり漱石」の人気記事ランキングTOP10を発表します。読み逃している「日めくり漱石」はありませんか?

■1位:夏目漱石が毎晩、自分と妻の手首を結んで寝るきっかけになった事件とは?【日めくり漱石/4月1日】

■2位:死の床から生還した夏目漱石、吐血時の状況を知って愕然とする。【日めくり漱石/9月25日】

■3位:おまえが恋しい!英国留学中の夏目漱石が妻に送った恋文【日めくり漱石/5月2日】

■4位:夏目漱石、負けん気の強い妻・鏡子と容姿の欠点を笑い合う【日めくり漱石/3月16日】

■5位:夏目漱石、訪ねてきた寺田寅彦を愛猫の墓に案内する。【日めくり漱石/9月27日】

■6位:夏目漱石、父になる!長女の命名にこめた切なる願いとは。【日めくり漱石/5月31日】

■7位:修善寺の大患!夏目漱石、大吐血し死の瀬戸際に至る。【日めくり漱石/8月24日】

■8位:歴史的瞬間!夏目金之助が「夏目漱石」になった日【日めくり漱石/5月25日】

■9位:夏目漱石、熊本の借家で小さな小さな結婚式を挙げる。【日めくり漱石/6月9日】

■10位:漱石先生、幼い娘の同級生の言葉に絶句する。【日めくり漱石 5月19日】

以上、連載完結した「日めくり漱石」の人気記事ランキングをご紹介しました。やはりドラマにもなった、妻・鏡子さんとのエピソードが上位に複数ランクインしていました。鏡子さんとのエピソードについては、次のまとめ記事もあります。

負けん気強くて夫思い!夏目漱石の妻・夏目鏡子さんに関する記事まとめ【日めくり漱石 号外編】

さあ、いよいよ年が改まります。あらためてさかのぼって、1月1日の記事「夏目漱石、生前最後の正月を家族とこんなふうに過ごす。【日めくり漱石/1月1日】」から読み直してみてはいかがでしょうか?

漱石先生は、いつもみなさんの心の中にいます。

文/編集部

夏目漱石ありし日々の面白エピソードを毎日連載!「日めくり漱石」記事一覧へはここをクリック

himekurisoseki-3

【読者のみなさまへ】
『日めくり漱石』のご感想や筆者・矢島裕紀彦さんへのメッセージなど、ぜひ下記へメールにてお送りいただければ幸いです。宛先メールアドレスは serai@shogakukan.co.jp です。

【新連載のお知らせ】
さて来たる2017年は、夏目漱石の生誕150年です。ということで、引き続きサライ.jpでは漱石先生をフィーチャーする連載をお届けします。題して「漱石と明治人のことば」。「日めくり漱石」の矢島裕紀彦さんが、夏目漱石と同時代の明治人たちの心に残ることばの数々を、毎朝ご紹介していきます。明1月1日より連載開始、乞うご期待!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 漱石の原作を大胆に脚色!幻の漫画付き『坊っちゃん』と『吾輩は猫で…
  2. 死せる夏目漱石、漱石山房の年越しを静かに見守る。【日めくり漱石/…
  3. 入院中の夏目漱石、病室で年越しの感慨にふける。【日めくり漱石/1…
  4. 夏目漱石、障子の張り替えを手伝った門弟にバイト代を奮発する。【日…
  5. 松山から帰った夏目漱石、鏡子さんとお見合いをする。【日めくり漱石…
PAGE TOP