サライ.jp

御所の壁や門を修復した信長(演・染谷将太)は、特例で正親町天皇(演・坂東玉三郎)に謁見を許され参内した。

正親町天皇(演・坂東玉三郎)や誠仁親王(演・加藤清史郎)がキャスティングされた『麒麟がくる』。朝廷と織田信長(演・染谷将太)はどのような関係だったのか?かつて歴史ファンを虜にし、全盛期には10万部を超える発行部数を誇った『歴史読本』(2015年休刊)の元編集者で、歴史書籍編集プロダクション「三猿舎」代表を務める安田清人氏がリポートする。

* * *

一昔前、戦国時代というのは、室町幕府が衰退した間隙を縫って、各地の戦国武将が実力で覇権を争う時代で、天皇や朝廷はすっかり零落し、見る影もない悲惨な状態であったと、一般的にはイメージされていた。

1980年代になると、中世商業史や芸能史などを専門とする脇田晴子さんが、中世後期には、むしろ天皇(朝廷)の権威は浮上していたとする見解を発表するようになり、これを受けた室町時代研究の今谷明さんが、織田信長は新たな「国王」としてこの国を統治しようとしたが、正親町天皇(おおぎまちてんのう)をはじめとする旧来の権威を一掃することができず、むしろ正親町天皇に敗れてついに「国王」なることができなかったと主張し、歴史好きな一般読者の間でもずいぶん話題となった。

つまり、信長は天皇制をあと一歩のところまで追いつめたが、最後の最後で失敗した、ということになる。

ところが、戦前までさかのぼると、信長はむしろ落ちぶれた天皇・朝廷を盛り立てて再興した忠臣として扱われていた。天下統一も、天皇ために国内を統一したという位置づけだった。信長は「勤王家」だったということになる。

戦後、日本の歴史学界は戦前の皇国史観に対する反動から、天皇や朝廷の存在を無視するか、滅びるべき存在だったとみなして思考停止する傾向が強かったと、一般的には理解されている。戦前に「勤王家」として評価された信長は、前述のように、一転して旧来の天皇・朝廷権威への果敢なチャレンジャーとして評価されるようになる。失敗したけれど。

どっちにしても「評価」されるところが、さすが日本史上屈指の人気を誇る信長だが、こうした状況を知ったら、泉下の信長もさぞかし驚くことであろう。

近世史を専門とする共立女子大学教授の堀新さんは、近年、信長と天皇の関係に関する学説やイメージが二転三転してきたのは、「公武対立史観」と「徳川(将軍)史観」が事実をゆがめてきたからだと主張している。

「公武対立史観」とは、非常に大雑把に言えば、武家(政権)と天皇(朝廷)は、常に対立する存在だという認識だ。これは江戸時代の幕末に、徳川幕府を倒した勢力が「勤王」「尊王」を掲げていたという事実を、過去にさかのぼらせて歴史を見る歴史観だと言えるだろう。

織田信長と公武結合政権

一方の「徳川(将軍)史観」とは、織田信長、豊臣秀吉が亡びた後、徳川家康が将軍(征夷大将軍)となって恒久的な武家政権「江戸幕府」を設立したという「ゴール」から歴史を振り返り、戦国大名や信長、秀吉らは、みな将軍となって武家政権を開きたいと思っていたとする考え方だ。

こうしたある種の「思い込み」によって、信長は将軍の座を目指し、それを正親町天皇が阻止しようとしてという「図式」が描かれた。信長が天下の名香とされる蘭奢待(らんじゃたい)を切り取ったり、京都で大規模な馬揃えという軍事パレードを行なったりしたことも、この図式に則すれば、信長が天皇を追い込んでゆくデモンストレーションという解釈になる。

しかし、堀さんは、先入観なしに同時代の史料を読むと、当時の信長と朝廷が「不和」だった事実は読み取れず、むしろ協調関係にあったと主張する。信長は正親町天皇に譲位を迫ったという説があるが、堀さんによれば、むしろ譲位を望んでいたのは正親町天皇だという。

天皇の「譲位」というと、皇位を奪われるという印象を持つ人も多いと思うが、中世においては、天皇が皇位を若い(幼い)後継者に譲り、治天(の君)という天皇家の事実上の家長の座に就くというのが「常識」だった。

皇位にあるうちは、お灸をすえるといった病気の治療は「天皇の尊い体(玉体)を傷つける」として忌避され、同じ理由で外出もままならなかった。皇位を退いて上皇となっても、天皇家の家長であることには変わりがないなら、さっさと上皇(あるいは出家して法皇)になって、自由に病気の治療をしたり、気ままに寺社見物でもすることを多くの天皇は望んでいたのだ。

馬揃えについても、天皇や公家たちは観覧を希望し、この一大イベントを楽しんでいたという。蘭奢待も、正親町天皇は信長から切り取った断片の「おすそ分け」をもらい、それを側近に下賜したりしているくらいで、信長に追いつめられていたとは思えない。

ただ、皇位を継承するためには大嘗祭や即位礼などのさまざまな儀礼が必要となる。戦国時代の朝廷には、ありていに言えばその金がなく、さっさと譲位することなどできなかった。信長は、いわば朝廷のパトロンのような立場で金を出し、その望みをかなえてあげようとしたのだ。

堀さんは、武家社会にあっても、朝廷と武家(信長)政権は協調していたとみる。朝廷が伝統的な権威を信長に与え、信長は金と武力で朝廷をバックアップする。いわば相互補完的に並び立ち、国家を形作っていたと結論づけ、その国家に「公武結合王権」という呼び名をつけている。

もちろんこれは学説であるので、反対の立場の研究者もいるだろう。

しかし、天皇・朝廷と信長が実は協調関係にあったという視点には、ぜひ注意を向けていただきたい。「麒麟がくる」では今後、両者の関係はどのように描かれるのだろう。

安田清人/1968年、福島県生まれ。明治大学文学部史学地理学科で日本中世史を専攻。月刊『歴史読本』(新人物往来社)などの編集に携わり、現在は「三猿舎」代表。歴史関連編集・執筆・監修などを手掛けている。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア