サライ.jp

興福寺一条院の覚慶がやがて将軍足利義昭になる。

大和興福寺一条院の僧覚慶(後の足利義昭/演・滝藤賢一)はやがて越前を経て、織田信長(演・染谷将太)の支援を受けて上洛、第15代将軍となる。だが、ほどなく信長との関係は破綻し、諸国を流浪することになる。室町幕府将軍の〈お家芸〉ともいえる諸国流浪は10代将軍義稙から始まった。

かつて歴史ファンを虜にし、全盛期には10万部を超える発行部数を誇った『歴史読本』(2015年休刊)の元編集者で、歴史書籍編集プロダクション「三猿舎」代表を務める安田清人氏がリポートする。

* * *

元亀4年(1573)、織田信長との対立から京都を追われた足利義昭は、それから約15年も都に帰還することはできず、各地を転々とすることとなった。流浪の将軍、彷徨える将軍ともいわれる所以だが、実は室町時代後期の足利将軍のなかには、京から離れて亡命生活を余儀なくされた将軍が他にもいた。

義昭の父である12代将軍義晴も、25年という比較的長い将軍在職期間を誇りながら、弟の義維(よしつな)を擁立した細川晴元によって京を追われ、近江(滋賀県)の朽木谷、ついで観音寺の山麓にある桑実寺という寺に身を置き、ここで約3年間、幕政を見るという時期があった。

義晴はいったん京に戻ることができ、息子の義輝に将軍職を譲ったが、その後、再び政情不安に襲われ義輝とともに近江に亡命し、最後は病に倒れ、近江の穴太(大津市)で亡くなった。自害したとの説もある。

父とともに近江を逃れた義輝は、その後も政治対立や政情不安が原因で何度も近江に避難を繰り返した。約20年の将軍在職中、在京できたのは10年ほどだった。

こうした流浪の将軍の端緒となったのは、10代将軍義稙だった。義稙(当初は義材)の父は8代将軍義政の弟で、応仁・文明の乱の原因ともなったといわれる足利義視。応仁・文明の乱の結果、9代将軍には義政の息子義尚が就任したが、この義尚と義稙は従兄弟ということになる。

義視は兄の義政と対立したため、息子の義稙を連れて美濃(岐阜県)で隠棲生活を送っていた。義稙はおよそ将軍となる可能性はない少年時代を送ったが、将軍義尚には後継ぎが生まれず、健康にも不安があったため、義尚の生母で義政夫人の日野富子は、次期将軍候補として義稙に白羽の矢を立てた。

富子と義視は、将軍後継を巡って対立関係にあったと一般的には思われているが、実は義視の妻で義稙の生母となった日野良子は、富子の妹なのだ。つまり、義稙は富子の甥という関係になる。

こうした関係を背景に、足利義尚が長享3年(1489)に病死すると、義稙は美濃から京に呼び返され、10代将軍の座に据えられた。将軍となった義稙は、近江の六角氏討伐に乗り出す。六角氏討伐は、先代将軍義尚が始めた軍事行動で、いったん六角氏を山岳地帯に押し込めたものの、義尚の病死後、再び勢力を盛り返した六角氏は、幕府への反抗を開始していた。

新将軍となった義稙は、六角氏を放置すれば将軍として権威は地に落ち、面目は丸つぶれとなる状況にあったのだ。

近江の六角氏攻めは、幸いにして勝利を収めた。これに気を良くした義稙は、続けざまに河内(大阪府)や越前(福井県)への遠征を計画する。

明応の政変で京都を追われた将軍義稙

しかし、これは諸大名の反発を招いてしまう。特に最大の実力者と目される細川政元は、もともと義稙の将軍就任に反対の立場だったこともあり、ついに明応2年(1493)4月、将軍不在の時をねらってクーデターを起こした。あらかじめ日野富子らの同意を得ていた政元は、天龍寺香厳院の清晃(せいこう)を担ぎ出し、義稙に代わる新将軍の座に着けてしまったのだ。

清晃は、8代将軍義政の弟で、関東に派遣されて堀越公方となった政知の遺児だった。これが11代将軍義澄で、義稙の従兄弟にあたる。

明応の政変とよばれるこのクーデターによって、義稙は将軍の座を追われ、細川の重臣邸に幽閉されてしまう。しかし、約2カ月後、義稙は幽閉先を脱出し、越中(富山県)の放生津(ほうじょうづ)に向かった。クーデターの際に自害した、義稙の重臣畠山政長の領国だったからだ。

将軍職を失ったとはいえ、越中に移った義稙は「越中公方」とも呼ばれ、まだ将軍としての権威を完全に失ってはいなかった。義稙は各地の大名にたちに「打倒足利義澄」「打倒細川政元」を命じて、京への帰還をうかがうようになる。

明応8年(1499)には、北国の諸大名を糾合して上洛を目指したが、越前(福井県)一乗谷の朝倉貞景の協力が得られずに失敗に終わった。ところがこれでくじける義稙ではない。同年12月には周防(山口県)にまで赴き、周防守護の大内義興を頼った。

それから約7年後の永正4年(1507)6月、義稙を京から追放した張本人である細川政元が、二人の養子の家督争いが原因で殺害されるという事件が起きる。義稙は翌年4月、ついに大内水軍に守られながら瀬戸内海を船で進み、備後(広島県)鞆の浦を経由して和泉(大阪府)の堺に上陸を果たした。義稙はただちに上洛し、京を占拠して将軍義澄や、これを支える管領細川澄元を追放。なんと13年ぶりに将軍職に返り咲くことになる。

けっして将軍の座を取り戻すことをあきらめず、長年の流浪生活に耐えた義稙は、ついに目的を達したのだった。めでたしめでたし……と言いたいところだが、残念ながら、義稙の流浪生活はこれでは終わらなかった。

足利義稙政権は、細川澄元に代わって管領となった細川高国と、周防以来、義稙を守り続け管領代となっていた大内義興の二人に支えられていた。ところが永正15年(1518)、その義興が領国で起きたトラブルで帰国してしまうと、残された義稙と細川高国の関係がおかしくなってくる。

すると、今度は前将軍の足利義澄(すでに永正8年に病死)とともに京から放逐され阿波(徳島県)に避難していた細川澄元が、永正16年に兵をあげる。かつて澄元から管領の座を奪い取った高国がさっそく迎え撃つが、あえなく敗北。高国は将軍義稙とともに近江に逃げようとするが、あろうことか、義稙はこれを拒否する。

義稙は自らの政治にいちいち口を挟む細川高国を疎ましく思うようになり、ひそかに細川澄元と通じていたのだ。高国からすれば、知らない間に上司がライバル企業と手を結んでいたようなもので、たまったものではない。

結局、高国は近江で態勢を整えて京に攻めよせ、澄元を打ち破った。敗れた澄元は阿波に逃げ帰る。京には細川高国と足利義稙が残ったわけだが、当然、両者の間は険悪となり、修復不可能な状態になっていた。

大永元年(1521)、とうとう義稙は京を出奔し、和泉の堺で打倒高国の兵をあげようとするが、この義稙の節操のない振る舞いに賛同する者はほとんどいなかった。高国は、義稙に代わって11代将軍義澄の遺児を次の将軍の座に着けた。これが足利義晴。冒頭で触れたもう一人の「流浪の将軍」だ。

その後の義稙は、淡路(兵庫県)に逃げて再起を図り、一時は堺にまで戻ったりもしたが、結局は味方となる大名や兵力を集めることができず、大永3年(1523)に阿波の撫養(むや/鳴門市)で没した。満56歳だった。

時代に翻弄され、あてのない流浪を余儀なくされた悲劇の将軍ではあったが、本人にもそれなりに「問題」があったのも確かなようだ。

今後、足利将軍家と深くかかわりを持つようになっていく信長(演・染谷将太)。

安田清人/1968年、福島県生まれ。明治大学文学部史学地理学科で日本中世史を専攻。月刊『歴史読本』(新人物往来社)などの編集に携わり、現在は「三猿舎」代表。歴史関連編集・執筆・監修などを手掛けている。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア