サライ.jp

越前で浪人生活を送る光秀(演・長谷川博己)

休止が続く大河ドラマ『麒麟がくる』の放映再開が待ち遠しい中、後半戦に描かれるであろう光秀(演・長谷川博己)、秀吉(演・佐々木蔵之介)の織田家中内での出世争いについて、歴史書籍編集プロダクション三猿舎代表の安田清人氏(元『歴史読本』編集者)がリポートする。

* * *

織田信長は、家臣団の「人材登用」にあたり、出自や門地などにこだわらず、実力主義であったことで知られている。もちろん、累代の家臣であっても、柴田勝家や丹羽長秀のように「使える」人物は重く用いている。しかし、彼らと肩を並べるほどにまで出世した家臣に目を向けると、出自の明らかではない、つまりおそらくは低い身分であったろうと思われる人物の名が挙がってくる。

本能寺の変の直前には、関東・東北方面の外交交渉権をもつ「東国警固」という役割を担ったとされる滝川一益は、近江(滋賀県)甲賀郡の出身の土豪・国衆の出身だ。『甲賀市史』に「故郷を飛び出して信長に仕え出世を遂げた武将だ」と紹介されている。

摂津(大阪府)池田城主・池田氏の一家臣に過ぎなかった荒木村重は、池田家から三好家へと乗り換えたのち、さらに信長に鞍替えした人物。わずか2年ほどで摂津国一国を平定し、その支配を信長に任されるにいたった。

当時、信長の家臣で一国の支配を任されていたのは、越前(福井県)の柴田勝家と大和(奈良県)の塙直政だけだったのだから、トンデモないスピード出世だ。その後、村重は信長に反旗を翻し逃亡。信長の死後は茶人として余生を送ることになる。

さて、こうした信長家臣団にあって、極めつけの出世頭が明智光秀と羽柴秀吉であることに異論はないだろう。両者の出世争いは、小説やドラマなどでもおなじみだ。

しかし、この両者の争いは、「出世レース」などという生易しいものではなく、互いに大派閥を率いての抗争であったと見るのが、本能寺の変研究に20年以上の月日を費やしてきた藤田達生さん(三重大学教授)だ。

その研究の集大成である『明智光秀伝 本能寺の変に至る派閥力学』(小学館)によれば、光秀・秀吉の両者は、ともに織田家中で大出世を果たすと同時に、それぞれの「派閥」を率いていた。そしてその派閥は利害相反関係にあったため鋭く対立し、その対立こそが、両雄の主君である信長の暗殺という悲劇を招いたという。

同書では、地域ブロックの平定を任された織田家の軍団長クラスの重臣を「宿老」と呼んでいる。光秀も秀吉も、もちろんこの宿老のひとりだ。光秀は四国地域担当の宿老。対する秀吉は中国地域担当の宿老と位置付けられる。それぞれが派閥を率い、その対立と抗争の行き着いた先が、本能寺の変だと結論づけている。

宿老が率いる派閥とは、どのようなものか。藤田さんは、派閥を構成する5つの要素を掲げている。

(1)婿(養子)や嫁として迎えた天下人(信長)の子供や一門。
(2) 子供の嫁ぎ先・養子先をはじめとする親類大名。
(3) 名字を授けて一族関係を形成する重臣。
(4) 政権から与力として付けられた大名。
(5) 政権への取次関係にある外様大名。

こうした「要素」を少しでも多く手中に収めた部将が、織田家の宿老として大をなしたということになる。

『麒麟がくる』ではようやく桶狭間の戦いで勝利したばかりの信長。頂点に駆け上がっていくのはこれからだ。

織田家中最大規模に発展した光秀派閥

光秀は、娘のひとりを信長の甥にあたる津田信澄(信勝の子)に嫁がせていた。これが(1)にあたる。

そして、荒木村重の息子・村次にも嫁がせていて、これが(2)に相当する。もちろん、娘の玉子(ガラシャ)を嫁がせた細川忠興も (2) 。重臣の明智秀満・明智光忠・藤田行政・斎藤利三・三沢秀次が(3)となろう。

光秀には天正8年(1580)段階で丹後(京都府)の細川氏と一色氏が(4)の与力として預けられ、その後に大和の筒井順慶も与力とされている。

そして(5)に該当するのが、土佐(高知県)の長宗我部氏ということになる。

天正3年(1575)から天正7年にかけて丹波平定を成し遂げた光秀は、その途中、畿内の各地での合戦にも動員され、転戦を繰り返した。そして天正6年には四国の戦国大名・長宗我部氏と織田政権とを結ぶ取次に任じられた。

同年、光秀は自らの甥で、織田家中の同僚である稲葉一鉄に仕えていた斎藤利三を引き抜いて、明智家中の重臣とした。当然、稲葉家との間にトラブルが生じ、信長からも厳しい処断を下されそうになるが、信長近習(側近)の猪子兵介の取り成しで危地を脱している。

光秀が利三をスカウトしたのは、もちろん利三が優れた武将だったからだが、もう一つ理由があった。利三の兄頼辰は、土佐に下った幕府奉公衆の石谷光政の養子となっていた。光政の娘婿は、長宗我部元親だ。また、利三の妹の夫・蜷川親長は幕府政所執事だったが、当時はやはり土佐に下り、長宗我部元親のブレインとなっていたのだ。

つまり、斎藤利三を家中に引き込んだのは、長宗我部家とのパイプを太くし、四国取次としての地位を確かなものとするためだったのだ。その結果、光秀は織田家の宿老として頂点に上り詰めることができたというのが、藤田さんの見立てだ。

光秀の派閥は、すでにみた(1)~(5)の要素を完備し、その領地・人脈などあらゆる点で織田家中の最大規模となっていた。つまり光秀は、秀吉よりもずっと早くに、筆頭宿老というべき地位に至っていたのだ。

秀吉派閥は、光秀派閥の敵・三好氏と組んだ!

『麒麟がくる』ではまだまだ信長と出会っていない藤吉郎こと後の秀吉(演・佐々木蔵之介)。

これに対し、秀吉はどうだったか。

軽輩出身の秀吉は、尾張(愛知県)、美濃国(岐阜県)、そして近江(滋賀県)へと、主君信長に従って本拠を移すたびに、それぞれの土地で家臣を増やしていった。そして近江の長浜城主となった段階で、家臣団の整備が進んだ。

先ほどの(1)から(5)に即してみてみよう。

秀吉は、信長の五男・秀勝(於次秀勝)を養子としていた。これが(1)。この段階の秀吉には実子がいないので(2)はなし。名字を授けて一族化した家臣も、まだいない。

(4)の与力とされた大名は蜂須賀正勝と黒田官兵衛(孝高、後の如水)が挙げられる。

(5)となると、備前国(岡山県)の宇喜多直家と、河内(大阪府)を本拠に淡路(兵庫県)・阿波(徳島県)の奪還をめざす三好康長が挙げられる。

こうして光秀と秀吉がそれぞれ形成した「派閥」を比べてみると、身分や文化・教養の面では光秀グループが上を行くが、秀吉グループもそれなりの人材を抱えていたことがわかる。

藤田さんは、こうした派閥は、宿老たちが「生き残る」ために生み出されたと考える。信長の天下統一が最終段階を迎え、政権の専制化が進んだ結果、信長の子息はじめとする一族や近習らが重視・重用されるようになる。

すると、従来の重臣層は彼らに取って代わられる危険にさらされる。わずかな失敗が命取りとなり、失脚を余儀なくされるかもしれない。実際、佐久間信盛のような筆頭家老に相当する重臣でさえ、信長の不興をかい追放の憂き目にあっている。光秀や秀吉などの宿老たちは、生き残りをかけて派閥を拡大し、政権内での発言力を増さなければならなかったのだ。

織田政権において、光秀と秀吉の派閥は、最大規模となっていた。光秀は失脚した佐久間に代わって丹波・丹後・山城・大和の四カ国の諸大名の上位に位置する宿老となり、さらに長宗我部氏との取次に任じられることで、中国・四国、そして九州へと手を広げる織田政権の西国政策において、中心的な立場に立つことになった。

生き残りをかけた派閥抗争の末に起きた本能寺の変

一方の秀吉は、播磨・但馬(兵庫県)・因幡(鳥取県)を足掛かりに、毛利氏の勢力下にあった備前・備中(岡山県)への進出を目指していた。そのために、四国の支配をめぐり長宗我部と対立関係にあった三好氏と緊密な関係を保ち、三好氏による阿波、讃岐(香川県)の支配を支援する構えを見せていた。

当然、長宗我部氏とは厳しい緊張関係にならざるを得ない。また、信長も四国全土を支配しようとする長宗我部氏の動向に警戒心をいだき、長宗我部氏に四国の支配を任せるという政権の方針を変更してしまう。

その結果、長宗我部氏との関係を重視する光秀派閥と三好氏を後押しする秀吉派閥の対立は避けられなくなる。そして、両者の主君である信長は、もし長宗我部元親が政権の方針に従わなければ、これを討伐するという方針に転換していた。

光秀と秀吉の対立は、単なる「織田政権内での出世争い」には収まらない、政権を二分しかねない厳しい対立へと進んでゆく。そして、その対立の構図に、信長によって追放された将軍足利義昭の思惑も重なってくる。

畿内を去った義昭は、紀伊で抵抗したのちに毛利氏のもとに身を寄せ、備後の鞆の浦(広島県福山市)に幕府を移し、反信長工作を続けていた。毛利氏の力を背景とする義昭にとって眼前の敵は、信長の命を受けて中国地方に進出する秀吉ということになる。義昭が秀吉と対立する光秀に接近するのは、必然と言える。

本能寺の変の直前において、「信長―秀吉―三好」という秀吉派閥と、これと対立する「義昭-光秀―長宗我部」という光秀派閥の対立構造が成立する。信長は、明らかに光秀ではなく秀吉の側についたことになる。そして、窮地に追い込まれた光秀が選んだ生き残る道とは、主君信長の殺害という驚天動地の策だったのだ。

光秀と秀吉の対立が、派閥規模での対立であり、その対立が本能寺の変を招いたという「図式」を、非常に大雑把にではあるが紹介した。

本能寺の変が、光秀の個人的な怨恨や野望、あるいは誰かの陰謀によって引き起こされたのではなく、織田家の宿老たちの生き残りをかけた派閥抗争によって引き起こされたということが、藤田さんの研究によって明らかになったのだ。


安田清人/1968年、福島県生まれ。明治大学文学部史学地理学科で日本中世史を専攻。月刊『歴史読本』(新人物往来社)などの編集に携わり、現在は「三猿舎」代表。歴史関連編集・執筆・監修などを手掛けている。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
9月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア