新着記事

京都の伝統工芸の新時代「京焼・清水焼」「京象嵌」「懐紙」…新商品開発の裏側を探る

取材・文/末原美裕着物、漆器、京焼・清水焼、金銀糸、つまみ細工……。京都には優れた職…

ロドルフォ・シヴィエロの家博物館「Museo Casa Rodolfo Siviero

イタリア版007エージェント。フィレンツェに実在した伝説のスパイの邸宅を訪ねる(イタリア)

文・写真/佐藤モカ(海外書き人クラブ/イタリア在住ライター)世界遺産都市、フィレンツェ。情緒豊か…

スペリオダウン コンバーチブルジャケット|軽く暖かい高級羽毛を採用。半袖にもなるダウン

アウトドア用品で知られるモンベルは、高品質なダウンジャケットで人気のメーカー。この品もモンベ…

クリスマスマーケットの本場ドイツ。画像はボン。

一生に一度は訪れたい! クリスマス市の「屋台グルメ」の食べ歩き方(ドイツ)

文・写真/坪井由美子(海外書き人クラブ/ドイツ在住ライター)冬のドイツの最大の楽…

シニア層でも利用率の高いSNSアプリはLINEと判明!

【シニアのスマホ利用事情】SNSをしている60代以上の9割は「LINE」

2019年3月にモバイル社会研究所が発表したデータによると、スマホの所有率は60代は70%、70代は…

せりのとろろ昆布にぎり

【管理栄養士が教える減塩レシピ】鍋の具材以外でも楽しめる!「せりとあさりのかき揚げ」「せりのとろろ昆布にぎり」

写真・文/矢崎海里せりは、早春の水辺に生える山菜で、1月~4月に旬を迎える山菜です。…

酒燗器 ゆめここち|好みの温度で酒の燗がつけられる美濃焼の酒器

鍋をつつきながら燗酒をいただくのが楽しみな季節である。だが、酒の燗を頃合いよくつけるのは、な…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養砂原浩太朗「にっぽん歴史夜話」

  1. 太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】  

    太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)軍師――「軍機をつかさどり謀略をめぐらす人」というのが広辞苑の定義である。誰もがまず思い浮かべるのは、「三国志」の諸葛孔明(181~234)だろう。ほかには、漢の初代皇帝・劉邦につかえた張良(?~前1…

  2. 姜維(きょうい)~諸葛孔明を継ぐ者【中国歴史夜話7】  

    姜維(きょうい)~諸葛孔明を継ぐ者【中国歴史夜話 7】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)西暦234年、宿敵・魏を討つべく軍をすすめた蜀の丞相(じょう…

  3. 江戸城・松の大廊下跡  

    「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)「お手前いつの間にやら鮒(ふな)に似て参ったな。おうおうその…

  4. 足利尊氏像  

    「観応の擾乱」(かんのうのじょうらん)とは何か~足利尊氏・直義兄弟、骨肉の争い【にっぽん歴史夜話22】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)「観応の擾乱」(かんのうのじょうらん)をご存じだろうか。高校…

  5. 荀彧~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】  

    荀彧(じゅんいく)~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)三国志の魅力は多々あるが、軍師や参謀といったブレーンたちの活…

  6. 楠木正成像  

    楠木正成~「忠臣」か「悪党」か【にっぽん歴史夜話21】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)楠木正成(くすのき・まさしげ。?~1336)のイメージは、劇…

  7. 周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】  

    周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)呉の将・周瑜(しゅうゆ。175~210)は、三国志のなかでも…

  8. 「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】  

    「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)日野富子(1440~96)の名は、たいていの日本人が知ってい…

  9. 横浜中華街の関帝廟  

    関羽~神になった武人【中国歴史夜話 4】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)「同年同月同日に生まれることは叶わなかったが、同年同月同日に…

  10. 松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】  

    松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)「知る人ぞ知る」という表現を時おり耳にする。一般的な知名度は…

  11. 曹操とその一族~妻たち、息子たち【中国歴史夜話3】  

    曹操とその一族~妻たち、息子たち【中国歴史夜話 3】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)諸葛孔明とならんで三国志を代表するのは、曹操(155~220…

  12. 「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】  

    「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)日本史上の著名人を10人挙げよと言われれば、聖徳太子(574…

  13. 「赤壁の戦い」の虚と実~どこまでが本当なのか?【中国歴史夜話 2】  

    「赤壁の戦い」の虚と実~どこまでが本当なのか?【中国歴史夜話 2】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)三国志のハイライトといえば、「赤壁(せきへき。湖北省)の戦い…

  14. 「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽん歴史夜話17】  

    「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽん歴史夜話17】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)額田王(ぬかたのおおきみ)の名は、「万葉集」随一の女流歌人と…

  15. 諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【後編】【中国歴史夜話】  

    諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【後編】【中国歴史夜話 1】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)【前編はこちら】孔明と兄・諸葛瑾は腹違いだった?諸葛…

  16. 諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【前編】にっぽん歴史夜話17】  

    諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【前編】【中国歴史夜話 1】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)不世出の軍師として、あまりにも有名な諸葛亮孔明(181~23…

  17. 「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】  

    「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっぽん歴史夜話16】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)新元号「令和」の出典として注目を浴びた万葉集。奈良時代に成立…

  18. 高知城内 山内一豊の妻 銅像  

    「山内一豊の妻」伝説を検証する【にっぽん歴史夜話15】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)「内助の功」ということばがある。いや、あったというべきか。「…

  19. 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】  

    元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)明治、大正、昭和、平成……。ふだんごく普通に使ってはいても、…

  20. 本多忠勝像  

    「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)人呼んで「徳川四天王」――。家康が関ヶ原で勝利を手にする以前…

  21. 関ケ原  

    立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)立花宗茂(1567?~1642)をご存じだろうか。幕末までつ…

  22. 西郷隆盛とその一族~弟たち、子どもたち~  

    西郷隆盛とその一族~弟たち、子どもたち~【にっぽん歴史夜話11】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)英雄・偉人と呼ばれる人々も、家族にはちがった顔を見せているこ…

  23. 西郷隆盛と3人の妻たち  

    西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)西郷隆盛(1827~77)の名を知らない日本人は、まずいない…

  24.  

    「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)中岡慎太郎(1838~67)の名は知っていても、たいていの人…

  25.  

    牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっぽん歴史夜話 8】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)牧野伸顕(まきの・のぶあき 1861~1949)と聞いてすぐ…

  26.  

    豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

         

     文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

  27.  

    戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

         

     文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

  28.  

    キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

         

     文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

  29.  

    “戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

  30.  

    前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

PAGE TOP