新着記事

時代を超えて大きな説得力を持つ言葉の数々|『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』

時代を超えて大きな説得力を持つ「倉本聰の言葉 ドラマの中の名言」

文/印南敦史メディア文化評論家である『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』(碓井広義 編、新…

【ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査】ASD理解ギャップ編|ASDに対する認知・理解の実態とそのギャップについて

その特性が正しく理解されていない「ASD(自閉症スペクトラム)」と子育ての実態

株式会社博報堂の次世代育児アイテムPechat(http://pechat.jp/)開発チームと博報…

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

春。肌の露出も増えてくるこの時期、30歳以上の「大人女子」のみなさんにとって、顔はもちろん、…

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

文/池上信次前回の続きで、ビル・エヴァンスの定説の見直しです。エヴァンスはけっして「ピアノ・…

【瞑想に興味のある女性1,053人に聞きました!】実際に瞑想したことがある?、ない?

瞑想に興味がある女性1,053人に聞いた「瞑想と出会ったきっかけ」

瞑想がストレス軽減や生産性向上に繋がることはご存知でしょうか?瞑想は、世界中で5億人以上が実践し…

50歳以上は対策が必要⁉ 免疫力を上げるために効果的なこと

「最近風邪を引いても治りにくい」、「寝ても疲れが取れない」、「花粉症などアレルギー症状が出る…

味噌カレー牛乳ラーメン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】 食事にも牛乳を取り入れて上手に減塩!「じゃがいもとアスパラのグラタン」「味噌カレー牛乳ラーメン」

写真・文/矢崎海里コロナウイルスにより、さまざまな業界が打撃を受けています。なかでも一斉休校…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(11月22日~12月21日) きじとら猫今週は、…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養砂原浩太朗「にっぽん歴史夜話」

  1. 「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】  

    「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)中国の歴史をひもとく際、われわれ日本人にとってつかみにくいのが「宦官(かんがん)」と呼ばれる存在だろう。ひとことでいえば「去勢された側仕え」ということになるが、わが国に例のない制度でありながら、中国史…

  2. 石清水八幡宮  

    「嘉吉(かきつ)の乱」とは何か~将軍・足利義教謀殺【にっぽん歴史夜話25】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)騒乱の絶えなかった室町時代にあっても、「嘉吉(かきつ)の乱」…

  3. 兵馬俑  

    秦の始皇帝~暴君か英雄か【中国歴史夜話 9】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)秦の始皇帝(前259~210)を知らぬひとは日本でもすくない…

  4.  

    織田信長の妻・帰蝶(濃姫)と斎藤道三~謎に満ちた父娘【にっぽん歴史夜話24】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)歴史好きなら、濃姫(のうひめ。のひめ、とも)ないし帰蝶(きち…

  5. 太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】  

    太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)軍師――「軍機をつかさどり謀略をめぐらす人」というのが広辞苑…

  6. 姜維(きょうい)~諸葛孔明を継ぐ者【中国歴史夜話7】  

    姜維(きょうい)~諸葛孔明を継ぐ者【中国歴史夜話 7】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)西暦234年、宿敵・魏を討つべく軍をすすめた蜀の丞相(じょう…

  7. 江戸城・松の大廊下跡  

    「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)「お手前いつの間にやら鮒(ふな)に似て参ったな。おうおうその…

  8. 足利尊氏像  

    「観応の擾乱」(かんのうのじょうらん)とは何か~足利尊氏・直義兄弟、骨肉の争い【にっぽん歴史夜話22】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)「観応の擾乱」(かんのうのじょうらん)をご存じだろうか。高校…

  9. 荀彧~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】  

    荀彧(じゅんいく)~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)三国志の魅力は多々あるが、軍師や参謀といったブレーンたちの活…

  10. 楠木正成像  

    楠木正成~「忠臣」か「悪党」か【にっぽん歴史夜話21】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)楠木正成(くすのき・まさしげ。?~1336)のイメージは、劇…

  11. 周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】  

    周瑜~三国分立を生んだ呉の名将【中国歴史夜話 5】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)呉の将・周瑜(しゅうゆ。175~210)は、三国志のなかでも…

  12. 「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】  

    「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)日野富子(1440~96)の名は、たいていの日本人が知ってい…

  13. 横浜中華街の関帝廟  

    関羽~神になった武人【中国歴史夜話 4】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)「同年同月同日に生まれることは叶わなかったが、同年同月同日に…

  14. 松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】  

    松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)「知る人ぞ知る」という表現を時おり耳にする。一般的な知名度は…

  15. 曹操とその一族~妻たち、息子たち【中国歴史夜話3】  

    曹操とその一族~妻たち、息子たち【中国歴史夜話 3】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)諸葛孔明とならんで三国志を代表するのは、曹操(155~220…

  16. 「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】  

    「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)日本史上の著名人を10人挙げよと言われれば、聖徳太子(574…

  17. 「赤壁の戦い」の虚と実~どこまでが本当なのか?【中国歴史夜話 2】  

    「赤壁の戦い」の虚と実~どこまでが本当なのか?【中国歴史夜話 2】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)三国志のハイライトといえば、「赤壁(せきへき。湖北省)の戦い…

  18. 「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽん歴史夜話17】  

    「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽん歴史夜話17】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)額田王(ぬかたのおおきみ)の名は、「万葉集」随一の女流歌人と…

  19. 諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【後編】【中国歴史夜話】  

    諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【後編】【中国歴史夜話 1】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)【前編はこちら】孔明と兄・諸葛瑾は腹違いだった?諸葛…

  20. 諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【前編】にっぽん歴史夜話17】  

    諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【前編】【中国歴史夜話 1】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)不世出の軍師として、あまりにも有名な諸葛亮孔明(181~23…

  21. 「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】  

    「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっぽん歴史夜話16】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)新元号「令和」の出典として注目を浴びた万葉集。奈良時代に成立…

  22. 高知城内 山内一豊の妻 銅像  

    「山内一豊の妻」伝説を検証する【にっぽん歴史夜話15】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)「内助の功」ということばがある。いや、あったというべきか。「…

  23. 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】  

    元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)明治、大正、昭和、平成……。ふだんごく普通に使ってはいても、…

  24. 本多忠勝像  

    「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)人呼んで「徳川四天王」――。家康が関ヶ原で勝利を手にする以前…

  25. 関ケ原  

    立花宗茂~関ヶ原の敗北から返り咲いた唯一無二の武人【にっぽん歴史夜話12】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)立花宗茂(1567?~1642)をご存じだろうか。幕末までつ…

  26. 西郷隆盛とその一族~弟たち、子どもたち~  

    西郷隆盛とその一族~弟たち、子どもたち~【にっぽん歴史夜話11】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)英雄・偉人と呼ばれる人々も、家族にはちがった顔を見せているこ…

  27. 西郷隆盛と3人の妻たち  

    西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)西郷隆盛(1827~77)の名を知らない日本人は、まずいない…

  28.  

    「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)中岡慎太郎(1838~67)の名は知っていても、たいていの人…

  29.  

    牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっぽん歴史夜話 8】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)牧野伸顕(まきの・のぶあき 1861~1949)と聞いてすぐ…

  30.  

    豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

         

     文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

PAGE TOP