サライ.jp

西郷隆盛._sjpg

維新の英傑として知られる西郷隆盛(1828-1877)は、東京・上野や鹿児島に立つ銅像からもわかるように、相当な巨漢だった。現存する西郷着用の軍服のサイズから割り出された西郷の身長は178cm、体重は108kgという。

西郷は若い頃から、アウトドア派だった。西郷の趣味のひとつがイカ釣りで、名人の域に達していたという。明治新政府に出仕するようになると体を使う機会が減り、西郷の肥満が進んだ。

西郷は、ドイツ人医師のホフマンから「このままでは命にかかわる」と減量をすすめられたことから、犬を連れて山野で狩猟をし、よく歩くようにつとめた。1877年(明治10)に、西郷は西南戦争を起こすが、戦地でもつねに犬を連れ、時間があれば散歩や狩猟をしていた。

後年、上野の銅像の除幕式の際、夫人の糸子は「うちの人はこんな人じゃなかった」と不満をもらしたという。これは、容貌ではなく、絣の着流しで犬を連れている姿が気に入らなかったようだ。夫人の本音は、陸軍元帥にふさわしい、瀟洒(しょうしゃ)な姿にしてほしかったのかもしれない。
文/内田和浩

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア