新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)牡羊座~蟹座編

指を動かすだけで健康効果がある「指ヨガ」|『全身ポーズと同じ効果!! 指だけヨガ』

指を動かすだけで健康効果がある「指だけヨガ」のやり方

10号帆布のかぶせショルダーバッグ|ものの出し入れがしやすい、使い勝手がよく練られた帆布鞄

スタイルドライブエス|疲れやすい腰まわりをサポート。正しい運転姿勢に導く

【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調査を依頼された探偵が出した報告書の衝撃~その2~

【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調査を依頼された探偵が出した報告書の衝撃~その1~

明智光秀が松平竹千代(後の徳川家康)に食べさせた 〈美濃の干し柿〉。 取り寄せてみたら絶品だった【麒麟がくる 満喫リポート】

「もしかして白内障…?」ケアマネジャーが「白内障」の疑いがある人に眼科受診を勧める理由

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年
  2. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

一代で戦国大名にのし上がった武将が毎食欠かさず食べていた健康食品とは?

ume_2

梅干しは疲労回復、二日酔いや便秘解消などに効果がある日本伝統の保存食。

 
年が改まり、今は冬まっただ中だが、2月になれば各地から梅の便りが届く。関東屈指の梅の名所といえば小田原。そのひとつ蘇我梅林は、富士山と箱根の山々を背景に、約3万5000本の梅が一面に咲きる。今年は例年より梅の開花が早いと予測され、2016年は2月6日から小田原で梅祭りが開催される。

小田原の梅にゆかりの深い人物がいる。梅干し好きで知られた北条早雲(1432~1519。1456生まれの説あり)である。早雲は小田原北条氏の初代で、下剋上の先駆けといわれる戦国大名だ。いまに伝わる早雲の肖像画は、眼光するどい老僧の姿で描かれている。早雲の生活規範はまさに禅僧そのものだった。

早雲が定めた家訓の第一条は「神仏を敬うこと」であり、第二条と第三条では「早起きすること」と「早寝すること」と訓示している。京に住んでいたころに建仁寺や大徳寺などの禅寺で修行した経験によるものだろう。

禅寺の生活習慣は、早雲の食生活にもあらわれている。禅寺では粥を主食とするが、粥とともに供されるのが梅干である。早雲は毎食のように梅干を食べていたという。

梅干は保存食としてだけでなく、疲労回復や腹痛の薬としても重宝されていた。疲労や動脈硬化の原因でもある乳酸を分解するクエン酸が豊富に含まれ、クエン酸そのものに血圧を下げる働きがあることも近年わかってきた。そのほか、二日酔いや便秘の解消にも梅干しが有効とされているのは周知の通りである。

早雲はそんな梅干しの薬効に着目し、家臣らの家の庭に梅の木を植えさせた。これが現在の小田原の梅林の起源だという。早雲は、早寝早起きと梅干の効果で、頭脳はいつも明晰だったに違いない。知謀をめぐらせ、わずか一代で戦国大名にのし上がったのである。

文/内田和浩
1962年生まれ。紀行ライター。大学では仏教美術を専攻。歴史系出版社の編集者を経てフリーに。『週刊古寺をめぐる』『週刊名城をゆく』(小学館)など寺社や史跡を巡る旅記事を執筆。著書に『ふるさとの仏像をみる』(世界文化社)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方
  2. 好みでシナモンかバニラエッセンスをひとふりして完成 アンチエイジング効果があると話題の「アーモンドミルク」の秘密
  3. 日本で初の「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬・断薬のすすめ」とは? 薬の9割はやめられる|日本初「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬…
  4. 医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選
  5. 「年のせい」とほっといてはダメ!350万人以上がかかる病気、脊柱…
PAGE TOP