新着記事

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

個人的に世界遺産にしたい場所ランキング! 伊勢神宮に阿蘇、東京タワーなど……未登録なのには理由があった?

世界遺産にしたい場所ランキング| 伊勢神宮に鎌倉、東京タワー……登録されないのには理由があった!?

健康オイル、何を選ぶ?

健康オイル、何を選ぶ?|体に良い油の選び方

朝5時起床。定番スタイルに着替えてから、朝食は6時半頃。「その日のスケジュールを確認しながら、小一時間かけて朝食を摂り、家を出るのは8時半頃です」と服部幸應さん。

【朝めし自慢】服部幸應(服部学園理事長、服部栄養専門学校校長・73歳)「具だくさんの味噌汁と葱入り卵焼き、果物を欠かしません」

ごはんはどうだ! 銅製釜飯セット|銅製羽釜のご飯は旨さ格別 最高の熱伝導で短時間に炊き上がる

チレス・エン・ノガダ

赤白緑のトリコロールに彩られた甘いトウガラシ料理!?|メキシコ独立記念日の味「チレス・エン・ノガダ」

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬【愛犬との別れ、ペットロス体験記】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

庶民の味「肉じゃが」の生みの親は、かの有名な海軍大将だった!?

 肉じゃが

肉じゃがは、もともと「甘煮」と呼ばれていた。

男爵、メークイン、キタアカリ…様々な品種がある「じゃがいも」。その主な成分はでんぷんだが、ビタミンC、カリウム、食物繊維が豊富で、じつは低カロリーな食材である。じゃがいもに含まれるビタミンCはでんぷんに包まれているため、加熱しても壊れにくいことが特徴で、カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する効果があり、高血圧予防に有効とされている。

じゃがいもを使った国民的料理といえば「肉じゃが」。料理店の献立に肉じゃがを見つけると、つい注文してしまうという人も多いだろう。庶民の味覚ともいえる肉じゃがだが、この料理が生まれた経緯がじつに興味深い。 

肉じゃがの誕生に深い関わりのある人物がいる。明治時代の日本海軍司令官、東郷平八郎(1848~1934)である。東郷は鹿児島に生まれ、戊辰戦争に従軍したのち、明治政府の軍人となる。日露戦争では連合艦隊を指揮してロシアのバルチック艦隊を破り、晩年まで日本海軍に大きな影響力を及ぼした。

東郷は24歳から7年間、海軍士官としてイギリスに官費留学している。彼はその頃に食べたビーフ・シチューの味が忘れられず、のちに海軍舞鶴鎮守府(まいづるちんじゅふ)の初代司令長官として任官した際、料理長にビーフ・シチューを作るように命じたという。  

しかし、当時はバターやワインなどの材料がないため、醤油や胡麻油を使って作ったところ、ビーフ・シチューとは別物ではあるけれど、とてもうまい料理ができた。この「甘煮」と名付けられた料理が、肉じゃがの発祥とされている。

それまで軍隊ではビタミン不足から脚気で苦しむ兵が多かったが、海軍でこの「甘煮」を食べ始めたところ、脚気が改善されて、兵が元気になったという。東郷による日本海海戦勝利には、食生活改善の効果もあったといえるかもしれない。

文/内田和浩

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP