サライ.jp

s-紅葉
散歩がてら紅葉を楽しむのも長寿の秘訣だという。

杉田玄白(1733~1817)は、江戸時代の蘭学医である。オランダ語の解剖学書『ターヘル・アナトミア』を前野良沢らとともに翻訳し、『解体新書』として刊行した。玄白は生まれつき虚弱だったにもかかわらず、85歳の長寿をまっとうする。玄白はその秘訣を7つあげている。

・過ぎてしまったことでくよくよしない
・先のことをあれこれ心配するな
・暴飲暴食を慎め
・素性のわからないものは食べるな
・病気でもないのに薬を飲むな
・元気だからといって房事過多はいけない
・ずぼらを決め込むな

これらは古稀の前年の祝いの際に、玄白が子孫に書き記した「養生七不可」、つまり長生きのために7つのやってはいけないことである。
 

不可のひとつにあげた房事(性交)過多は、過多だからだめなのである。玄白は64歳のときに、往診先の女中に心を動かし、「老木とて油断めさるな返り花」という、回春の句を詠んでいる。気持ちはいつも若く、ということだろう。

晩年の玄白は、茶飲み友達をさそっては散歩に出かけ、桜や紅葉を「油断なく見て歩いている」と述べている。7つの不可を守り、気の合う仲間と見たいものを積極的に見て、充実した晩年を送ったことがわかる。

文/内田和浩

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア