新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

怒りは万病の元!怒りをコントロールして長生きする処方箋4つ

文/鈴木拓也

「キレる高齢者」が激増している。法務省の「犯罪白書」によれば、65歳以上の高齢者による暴力沙汰・犯罪行為は大幅に増加し、20年前と比べて強盗は約8倍、傷害は約9倍、暴行に至ってはなんと50倍近くに増えているという。「歳をとると、人はまるくなる」という言い回しは、通用しなくなったているようだ。

保坂サイコオンコロジー・クリニックの保坂隆院長によれば、「キレる高齢者」増加の根っこにあるのは、1つには「メンタルの老化」だという。人間は年とともに肉体が老化するのと同じく、脳の前頭葉が委縮してメンタルも老化し、それは40代から始まっていると、保坂院長は著書『結局、怒らない人が長生きする』(朝日新聞出版)で述べている。

『結局、怒らない人が長生きする』(朝日新聞出版)

本書では、「メンタルの老化」が「キレる高齢者」とどうつながるのかについて、次のように説明されている。

主なメンタルの変化は何でしょうか。それは、やる気のなさや意欲の衰え、感情レベルの低下、何事にも関心が薄れる一方で、イライラや怒りが強くなることです。
(本書34pより引用)

特に厄介なのが「怒りがなかなか収まらないこと」で、これが高齢化社会の進展とともに「キレる高齢者」が目立ち始めた素因だとしている。

そして、単にメンタル(脳)の老化だけでなく、「社会的な要素」も大きいと保坂院長は指摘する。

たとえば、定年後に社会や人との関わりが減ることで自己肯定感が薄れていきます。やがて、その不満や不安がたまって、ちょっとしたことでも怒りに転化してしまうのです。
(本書38pより引用)

現役時代は温厚でも、定年になったとたんに怒りっぽい性格になってしまう人が多いのは、ライフスタイルの劇的な変化がやはり大きいというわけだ。

では、こうしたメンタルの老化や社会的な要素という、年をとれば避けられないと思われる出来事に対処するすべはあるのだろうか?

保坂院長は本書で様々な処方箋を提示しているが、大別すると「考え方の切り替え」と呼ぶべきものと、「エクササイズ」的なものがある。どちらも今日からできる容易なもので、効果も高そうだ。幾つか紹介してみよう。

■1:「昨日と他人は変えられない」と考える

「お酒を控えて」「散歩に出て減量したら」など、よかれと思って近しい人にアドバイスしても、その人の行動が変わることはまずない。それで「あなたのためを思って言ってあげてるのに、何よ!」と怒るはめになる。

保坂院長は、昨日を変えられないのと同じように「他人は変えられない」ものだという。一方で、未来と自分は変えられる。そこで、保坂院長がすすめるのは、自分を変えることだ。

「お酒を控えて」と言う代わりに、「私、お菓子の食べ過ぎだったから、これからちょっと控えるわ。友だちも砂糖を控えてからすごく体調がいいっていうし、頑張ってみるね」と言えば、変わるのは自分だけ。でも、身近な人にも必ず影響を与えているはずです。
(本書83pより引用)

自分が少し変わることで、相手の行動も変わり、未来が少しよくなってゆく。これなら、いちいち怒りを感じることもないわけだ。

■2:取り越し苦労は時間の無駄

将来の年金や病気になる可能性など、まだ起きてはいないことでイライラし、怒りを募らせるのは、「時間の無駄以外の何物でもない」と保坂院長は諭す。

保坂院長が心配性の患者に対し、しばしば引き合いに出すのが、「心配性の人が抱いた不安の85%は実際には起きず、最終的には良い結果に終わった」という学術調査。仮に不安が現実になった場合でも、79%の人は自力で解決し、どうやっても解決できなかったのは3%にすぎないという。

それでも心配が消えない人には、「取り越し苦労」の対極にある「人事を尽くして天命を待つ」の精神を努めて持つようにするのが良いとも。

■3:怒りの感情のコントロールには深い呼吸

イライラしたときに速効性があるのが、深い呼吸だという。保坂院長の言う「深い呼吸」には、ヨガや禅のような難しい決まりはなく、「息を吐く時はできるだけゆっくりと、完全に息を吐き切る」、「吸う時は鼻から、吐く時は口から」さえ守ればよいとする。

これだけでもイライラがウソのようになくなり、怒りへと進むこともなくなるそうで、やってみない手はない。

■4:怒りの6秒間ルール

意外なことに、人間の怒りの感情のピークは6秒間しか続かないことが、生理学的に分かっている。怒りの激情に駆られても、すぐに前頭葉の働きで感情が抑制されるのだという。

そこで保坂院長がアドバイスするのが「怒りの6秒間ルール」。頭に血がのぼったときに、心の中で1、2、3、4、5、6と数えるだけ。あるいは、目の前にある飲み物に手を出して飲むといった、時間を稼ぐ行動でもよいという。

*  *  *

 

保坂院長は、なにも全ての怒りを消し去ることまでは求めていない。怒りの感情とうまくつきあいながらも、無駄な怒りを減らすのが大事だとし、それが長生きの秘訣でもあるという。本書で掲げる数々のメソッドを実践し、怒りよりも楽しみの多いシニアライフを生きようではないか。

【今日の健康に良い1冊】
『結局、怒らない人が長生きする』
(保坂隆著、本体1,000円+税、朝日新聞出版)

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社役員を退任後、フリーライター兼ボードゲーム制作者となる。趣味は散歩で、関西の神社仏閣を巡り歩いたり、南国の海辺をひたすら散策するなど、方々に出没している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント
  2. ストレスで「感情の便秘」に陥りがちな人の5大特徴【名医に聞く健康…
  3. 高齢ドライバーのための安全運転のコツ3つ
  4. 抗がん剤研究の権威がすすめる「最強の野菜スープ」の作り方
  5. 老いは脚から!寝たきりを防ぐ簡単スクワットエクササイズ
PAGE TOP