新着記事

美輪明宏 美輪明宏さん(歌手、俳優)「人には必ず役目がある。舞台を通して皆さんに活力を吸収していただくのが私の役目です」【サライ・インタビュー】 アイコンタクトを大切に|相手の目を見て話すのは礼儀です アイコンタクトを大切に|相手の目を見て話すのは礼儀です【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編 4】 定年後「給与が下がっても働きたい」約7割 定年前活動「定活」をするかが、定年後の人生を決める|定年後のキャリア対策「十分できている」人はわずか1% 欅のこぶ付き指圧棒|絶妙な具合でツボを刺激する天然木の指圧棒 最終的に色付けをしてできあがり ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭りアーティストとはいったい何? クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~) 初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石畳スペースに一挙集結! 元町商店街とクラウンがコラボした「クラウンDay at Motomachi」![PR] 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 膝や腰の痛み、原因は足の形かも 甲高や扁平だと、なぜひざや腰に負担がかかるのか?|「足の形」が原因の膝や腰の痛み メイドイン京都の小さなおりん|澄んだ音色が心地よい手のひらサイズのおりんセット 黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほどの痛快さ|黒澤明『用心棒』【面白すぎる日本映画 第28回】

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

老いは脚から!寝たきりを防ぐ簡単スクワットエクササイズ

文/鈴木拓也

昔から「老いは脚から始まる」と言われている。実際、寝たきりになるきっかけは、脚の老化を素因とする骨折・痛みで入院し、そのまま筋力が低下してしまうことによるものが多い。

脚の老化を防ぐために、「ロコモ体操」など様々な方法が世間では出回っているが、多くは習慣化するのがちょっと面倒なもの。最初のうちは意気込んではじめても、だんだん億劫になってやめてしまうパターンが多い。

そこで今注目を浴びているのが、足腰強化の筋トレで定番のスクワット。場所をとらず、ちょっと時間の空いているときにサクッと実行でき、さほどしんどくないので習慣化しやすいというメリットがある。

ただ一口にスクワットと言っても、方法は千差万別。両手を頭の後ろで組むやり方もあれば、前に出すやり方もある。膝を大きく曲げるやり方もあれば、尻を突き出すやり方もある。要するに、正しいフォームというものがこれまで確立されておらず、中にはかえって身体の故障につながりかねないやり方があるという。

そこで、スクワットの正しいフォームを追究し、健康効果が高く、故障の心配のない方法を編み出したのが、順天堂大学医学部教授で日本体育協会公認スポーツドクターの小林弘幸教授。近著『死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい』(幻冬舎)には、数通りのスクワットだけで足腰を強化するステップアップ・プログラムが紹介されている。

プログラムの骨子は、最初の1週間は朝晩5回、椅子の背につかまりゆっくり腰を上げ下げするのから始め、徐々に運動強度を上げるというもの。最終段階でも、朝晩20回の自重スクワットをするだけ。この頃になると筋力は上がり、20回連続のスクワットはさして苦もなくできるようになっている。

1~3週目は股関節ゆるめを主眼としたゆったりしたスクワット
(本書第2章「実践スクワット」より転載)

小林教授によれば、スクワットには単に足腰の鍛錬にとどまらず、基礎代謝量をアップして太りにくい体質にする、血流を良くして脳梗塞・糖尿病のリスクを下げる、免疫力を上げる、認知症を予防するなど、様々な健康効果があるという。

小林教授自身も、このスクワットの実践者だが、勤務先の医師会の階段を7階まで颯爽と上がり、気持ちも前向きになって快活に日々を過ごせるようになったという。

朝晩の脚の上げ下げだけでこれだけのメリットを享受できるのだから、きわめてコストパフォーマンスの大きい運動法である。生涯、自分の脚で歩く溌溂とした生活を送りたい人は、さっそく始めてみてはいかがだろうか。

【今日の健康に良い1冊】
死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい
(小林弘幸著、本体1,000円+税、幻冬舎)

文/鈴木拓也
2016年に札幌の翻訳会社役員を退任後、函館へ移住しフリーライター兼翻訳者となる。江戸時代の随筆と現代ミステリ小説をこよなく愛する、健康オタクにして旅好き。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方
  2. 好みでシナモンかバニラエッセンスをひとふりして完成 アンチエイジング効果があると話題の「アーモンドミルク」の秘密
  3. 日本で初の「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬・断薬のすすめ」とは? 薬の9割はやめられる|日本初「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬…
  4. 医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選
  5. 「年のせい」とほっといてはダメ!350万人以上がかかる病気、脊柱…
PAGE TOP