新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

健康

冬場に室内の健康的な空気を保つための3つの大原則

写真・文/三崎由美子

もうすぐ年の瀬。そろそろ室内に暖房がほしい時期となりました。暖かい室内で、紅茶やコーヒーを飲みながら、テレビや音楽をゆっくり鑑賞するのも、冬の楽しみのひとつですね。

しかし、ずっと室内にこもっていると、 気づかぬうちに汚れた空気を吸って長時間過ごしてしまい、健康を害してしまうかもしれません。暖かく健全な冬を過ごすためには、何に気を付ければよいのでしょうか。

今回は、カリフォルニア大学バークレー校環境工学部のナザロフ教授が提唱する、室内の空気を健康的に保つための3つの原則をご紹介します。

■1:室内の汚染源を元から絶つ

室内には、空気を汚染する物質の放出源がいくつもあります。クリーニングを怠っているエアコンは温風とともにホコリをまき散らし、メンテナンスされていないガスヒーターや石油ストーブは高濃度の一酸化炭素を放出します。暖房器具以外にも、タバコやろうそく、線香など、室内で燃焼するものはすべて汚染源となり得ます。

こういった室内の空気の汚染源は、こまめに拭き掃除をしたり、フィルタを交換する、もしくは除去するなどして、元から断つことを考えましょう。

■2:湿度を管理してカビの発生を抑える

喘息など呼吸器またはアレルギー疾患のリスクは、室内の湿気と密接な関係があるとされています。米国における喘息の460万件が、家庭における湿気やカビに起因していると推定されているのです。

とくに台所や浴室など、局所的に発生する水蒸気は頻繁に排出し、カビの発生を防ぎましょう。

■3:十分に換気する

そしてもちろん、十分に換気することが、室内の清浄な空気を保つ効果的な方法です。寒い冬の日に、温まった室内で窓を開けるのは勇気がいりますが、定期的に換気しましょう。

ただし換気には、汚れた空気を室内に取り入れてしまわぬように、交通ラッシュや花粉の飛散が多くなる時間帯を避けるようにしましょう。

*  *  *

以上、室内の健康的な空気を保つために、個人的に実践できる3つの大原則をご紹介しました。どれも基本的なことですが、きちんと対策して、室内でも快適な冬を過ごしたいものですね。

【参照リンク】
※国際室内空気質・室内環境学会発行の専門誌「Indoor Air」
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/ina.12062/full

※仏国立消費研究所(Institut National de la Consommation : INC)発行の雑誌「60 millions de consommateurs」
http://www.60millions-mag.com/2017/03/09/sprays-assainissants-une-pollution-majeure-de-l-air-interieur-11021

写真・文/三崎由美子
通信社パリ勤務、外資系技術開発会社東京勤務を経て、2016年に取材・執筆活動を開始する。欧州と日本を往復しつつ、弓道の修行に打ち込み剣道観戦に情熱を燃やす武道愛好家。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選
  2. 「年のせい」とほっといてはダメ!350万人以上がかかる病気、脊柱…
  3. あなたの「舌」は大丈夫?100歳まで生きるための舌トレーニング
  4. 「足が痺れて動けなくなってしまう…」要手術の症状がストレッチで改…
  5. X線やMRIでもわからない腰痛の原因は?【川口陽海の腰痛事件簿 …
PAGE TOP