新着記事

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

ひざへの負荷を減らす!階段の歩き方4つの心得

文/中田綾美

健脚のためには、“階段”か“エスカレーター、エレベーター”か、どちらを使うべきでしょうか?

「そんなの階段に決まっているじゃないか」と考えるかたが多いかもしれませんね。目的地まで自動的に運んでくれるエスカレーター、エレベーターよりも、しっかり自分でからだを動かす階段のほうが老化予防によさそうな気がする……。

しかし、「さかいクリニックグループ」代表で柔道整復師の酒井慎太郎氏は、“階段を使って脚の筋力をつけるのがいい”という説に異議を唱えています。

脚の健康を保ち、寝たきりを予防するには、無理に階段を昇り降りするよりも、可能な限りエスカレーターやエレベーターを使用するほうが望ましいというのです。一体どういうことなのでしょうか?

酒井氏の著書『変形性膝関節症は自分で治せる!』(学研プラス)から、階段昇降が健康に及ぼす意外な悪影響をご紹介します。

■階段昇降でひざに150キロ以上の負荷が?

酒井氏が、健脚のためには階段はできる限り避けるほうがいいと主張する理由は、階段昇降時にひざに過剰な負担がかかってしまうことにあるようです。

「平地を普通に歩いているときでも、ひざには体重の3~8倍もの重みがかかっています。体重50キロの人であれば、少なくとも150キロの負荷がかかっていることになります。さらに階段の昇り降りをするとなれば、これ以上の大きな負荷がひざの関節を襲うことになるのです。

ひざのクッション機能を担う半月板や軟骨は、“消耗品”です。大きなプレッシャーを受けながら使われるほど、すり減っていくスピードがどんどん早まります。

150キロ以上の負荷がかかる階段昇降は、これらの消耗品をムダに使いすぎることになります。」(本書より引用)

階段を使って脚力を鍛えるつもりが、実はひざ関節を消耗させているとは恐ろしいことですよね。

■ひざへの負荷を最小限におさえる階段での歩き方

階段昇降がひざに悪影響を及ぼすおそれがあるとはいえ、全く階段を使わずに日常生活を送るわけにもいきません。

同書で酒井氏は、ひざに負担をかけないために、階段を使う際に心がけるべき歩き方のポイントを紹介しています。

(1)かかとからゆっくり着地する

(2)足の裏全体をペターッと床につけていく

(3)足の裏をできるだけ長く床につけるようにしながら、徐々にかかとを上げていく

(4)足の親指で床を蹴るようにしながら前進する

とくに、急いでいるときなどは、足を乱暴に床についてしまいがちですが、その歩き方ではひざに大きな負担をかけるおそれがあります。かかとや足の裏に柔らかくゆっくりと体重をのせることを意識しましょう。

ちなみに、上記(1)~(4)は、階段だけではなく、平らな場所を歩くときにも、ひざへの負担を緩和してくれるとのことです。

ひざ痛が悪化すると、歩くこと自体が億劫になり、からだを動かさないことで筋力が衰えの一途をたどりやがて寝たきりへ……ということにもなりかねません。

こうした事態を予防し、長く健脚を保つためには、上記(1)~(4)に加えて、“よい姿勢”と“ひざを伸ばすこと”を意識しつつ、毎日10分程度のウォーキングを習慣化するとよいとのことです。ぜひ参考にして、健脚の維持にお役立てください。

【参考図書】
『変形性膝関節症は自分で治せる!
(酒井慎太郎著、本体1,100円+税、学研プラス)
http://hon.gakken.jp/book/2380075400

文/中田綾美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方
  2. 好みでシナモンかバニラエッセンスをひとふりして完成 アンチエイジング効果があると話題の「アーモンドミルク」の秘密
  3. 日本で初の「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬・断薬のすすめ」とは? 薬の9割はやめられる|日本初「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬…
  4. 医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選
  5. 「年のせい」とほっといてはダメ!350万人以上がかかる病気、脊柱…
PAGE TOP