新着記事

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)牡羊座~蟹座編

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち運びも楽な肘当て付きステッキ

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その2~

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その1~

光秀と藤孝が出会った〈戦国青春グラフィティ〉の一コマ。

戦国時代きってのエリート武将・細川藤孝。光秀を裏切って摑んだ「子孫繁栄」の道【麒麟がくる 満喫リポート】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

心理学者が提唱!「レジリエンス」が強い大人の共通点5つ

引退生活では、健康の問題は必ずついてくるもの。深刻で厄介な問題ですが、心身ともに健康でいることを期待するよりも、多少の不安があっても人生を楽しむ力を身につけるが勝ちというものです。

たとえば深刻な健康上の問題は、気持ちを落ち込ませ、生活を一変させることもありますが、どのように病気の不安に対応するのかが大きな分かれ道になります。

そこで必要とされるのが、心理学で言われる「レジリエンス(復元力)」、つまり不幸や苦痛に見舞われたときに、必要以上に落胆しない力です。

この「レジリエンス」能力が高ければ高いほど、不測の事態に遭遇しても、その中で最善の策を取り、うまく対応することができます。

今回は、シニア世代にこそ必要なこの「レジリエンス」について、米国カリフォルニア州立大学・心理学部教授のケネス・S・シュルツ氏監修の『リアイアの心理学 定年の後をしあわせに生きる』(日経ナショナル ジオグラフィック社)を参考にお伝えしていきましょう。

*  *  *

最近の研究では「レジリエンス」は生まれつきの性格というよりも、自分で学べて伸ばせるものだとわかってきました。では、どのような人が「レジリエンス」が高いといえるのでしょうか。

具体的な5つのポイントをご紹介します。

■1:苦境に対して客観的でいられる

苦難に振り回されるのではなく、過去の経験と比較し、冷静に、できる限り今の苦難に対処できる人です。

例えば膝が悪くて旅行を諦めてしまう前に、車椅子や杖を用意したり、できるだけ歩かなくて済む計画を立てて遂行するといった行動があてはまります。

■2:自分を最大化できる

最善の結果は何かがわかり、それを得るためにすべきことが分かっている人です。今できる範囲で自分の可能性を最大にできる人です。

例えば、日々の活動を続けるために、休憩を増やしたり、マッサージに通って体の調子を整えるといった行動があてはまります。

■3:社会的な役割を可能な限り続けられる

自分に喜びや充実を与えてくれる社会的な役割を、病気などによって悲観的になってやめてしまうのではなく、自分にとって必要なものと悟り、続けようとする人です。

最後の時まで社会性を持っていることは生きる糧になるはずです。

■4:“自分は不測の事態に対応できる人間である”という自信を持つ

自分なら状況をコントロールし、不測の事態にも怖じけずに立ち向かえるという確固たる自己像がある人です。ひ弱な犠牲者ではなく、戦う者として自分を捉えることができるということです。

■5:身近な人から支援を引き出せる

自分ができないことには援助を求めたり、一人で行きにくい目的地に行くために誰かに付き添ってもらうなど、目標達成のために、またこれまでと変わらない日常のために、身近な人から支援を引き出すのがうまい人です。

*  *  *

いかがでしょうか? 例えば病気になったときには、この「レジリエンス」の力が道を開いてくれます。

前向きさに加えて、これまでの経験を生かした適切な対処については、年齢を重ねた人だからこそ成しうること。最後の日まで自分らしくいて、好きなことを諦めない姿勢は、周りの人たちにとっても「何があっても人生の展望を変えない人」という強い印象として残ることでしょう。

【参考文献】
『リタイアの心理学 定年の後をしあわせに生きる
(S・シュルツ監修、藤井留美 訳、定価 2,800円+税、日経ナショナル ジオグラフィック社)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/product/16/010500050/

51pWKAn29qL._SX415_BO1,204,203,200_

文/庄司真紀

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「老後の生活や年金」「台風・豪雨・洪水」「あおり運転」|令和元年…
  2. 一日ずつ生きる、積み重ねにこそ「生きる意味」|『続 定年バカ』 一日一日を普通に生きる|定年後は自分の好きにすればよい
  3. https://serai.jp/wp-admin/post.php?post=381371&action=edit 脱サラをしてバーを開業した男性の成功例|さらば! サラリーマン …
  4. 人生の大きな節目「定年」の支えに|『100年後まで残したい 日本人のすごい名言』 「初心忘るべからず」の本当の意味、知っていますか?|人生の大きな…
  5. 運動 「メタボ」「疲れやすい」は、筋肉の衰えのシグナル
PAGE TOP