新着記事

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

【閲覧注意】カレー好きもカレー嫌いになるイヤな妄想画像10コ【イシグロ妄想研究所 vol.4】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)「カレーはどうもニガテで食べられない……」とい…

知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口陽海の腰痛事件簿 第1回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

【夕刊サライ/角田光代】エジプト:悠久の街と、私のなかの悠久(角田光代の旅行コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

長崎・小値賀の2つの教会【長崎の潜伏キリシタン関連遺産を旅する 第2回】旧野首教会/小値賀教会

写真・文/石津祐介キリスト教が禁教とされた時代、頑なに信仰を貫いた潜伏キリシタン。その信仰の…

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、…

谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

◎No.21:谷崎潤一郎の長襦袢文/矢島裕紀彦長襦袢と呼ぶには、余りにも絢爛…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

スポーツで腰痛を悪化させない心構え

文/中田綾美

日本人の国民病といっても過言ではない“腰痛”。その予防、解消には適度な運動が効果的であることはよく知られていますよね。

ところが、ある種のスポーツは、腰痛の予防、解消になるどころか、悪化させることにもつながりかねないというのです。

今回は、腰痛治療「さかいクリニックグループ」代表で柔道整復師の酒井慎太郎氏の著書『脊柱管狭窄症は自分で治せる! 』(学研プラス)を参考に、腰痛を悪化させるかもしれない3種のスポーツとその理由をご紹介します。

■1:ジョギング、マラソン

ジョギングやマラソンは、シューズさえあれば誰でも気軽に始められそうなスポーツ。ところが、飛んだり跳ねたりする動作を伴うため、腰痛にはよくないとのことです。

「ジョギングやマラソンは、腰痛の方にとっては、単に「歩くスピードを速めた運動」ではなく、「関節によけいな負荷を増やす運動」でもあります。体重と地面からの反発による強い衝撃を何度も受けるため、メリットを期待するより先に、デメリットのほうが心配です。」(本書より引用)

ちなみに、本書によれば、腰痛ケアには“走る”よりも“歩く”ほうが適しているとのこと。本格的なウォーキングをする必要はありませんので、できるだけ腰を伸ばして姿勢よく歩くことを心がけましょう。

何事も無理は禁物です。とくに腰痛の症状がすでに出ている人の場合は、長い時間歩くのではなく、10分間歩行を毎日続けるのがよいとのことです。

■2:ゴルフ、テニス

中高年に人気のゴルフも、腰痛悪化の一因に。体の片側だけを同じ方向にねじる運動であるため、腰に負担をかけてしまうのです。同様の理由で、テニスもおすすめできないとのこと。

「(体の片側だけを同じ方向にねじる)動きを何度も繰り返すうちに、腰椎と骨盤のねじれが強くなり、脊柱管も狭くなっていきます。熱心に練習すればするほど、腰への負担が大きく、体の左右のバランスを崩すことにもなるのです。」(本書より引用)

“脊柱管”というのは、背骨の内側の管のこと。これが狭くなると、そのなかを通っている神経(脊髄)が圧迫されて、腰痛につながるといいます。

もし、付き合いでどうしてもゴルフに参加しなければならないような場合は、コースに出る前後に風呂に入って腰を温めること、そして、ラウンド中の移動はできるだけ姿勢をよくすることを心がけましょう。

■3:水泳、水中ウォーキング

さまざまな健康効果があるとされる“水泳”や“水中ウォーキング”ですが、こうした水の中で行うスポーツにも、酒井氏は注意を促しています。

「確かに、関節への負荷が少なく、効率的に筋力をつけられるのでしょうが、低い水温で体が冷えてしまう点が問題です。たとえ温水プールでも、水温は33度程度で体温より低いため、体が冷えることは避けられません。」(本書より引用)

とくに、腰痛のなかでも“脊柱管”が狭くなって引き起こされる“脊柱管狭窄症”の場合は、症状の悪化と血流が密接に関連しているので、水中で過ごすことによる冷えの悪影響が看過できないようです。

腰痛にとって、冷えは大敵です。水泳、水中ウォーキングよりも、毎日お風呂でしっかり体を温めましょう。39度くらいの少しぬるめのお湯に10分程度、首まで浸かることを本書では推奨しています。

夏場においてもシャワーだけで済ませず、きちんと浴槽に浸かって腰痛の予防、改善に努めましょう。

*  *  *

以上、『脊柱管狭窄症は自分で治せる! 』から、腰痛を悪化させるとされる注意すべきスポーツについてお伝えしました。

腰痛の予防、解消のために何か運動をされる場合は、とにかく“姿勢よく歩く”ことが効果的のようです。腰の痛みや違和感に悩まされているかたは、十分に留意してください。

【参考図書】
『脊柱管狭窄症は自分で治せる!』
(酒井慎太郎著、本体1,100円+税、学研プラス)

文/中田綾美

【 サライ.jp の腰痛関連記事】

※ 片側だけの腰痛に悩む人の2つの共通点

※ スポーツで腰痛を悪化させない心構え

※ 腰痛の専門医が薦めるたった30秒の体操

※ 腰痛を和らげる「足振り体操」のやり方

※ 腰痛を防ぐ「イスの正しい座り方」ポイント3つ

※ 自分でできる5つの簡単な腰痛対処法

※ 腰痛の人のための対処法1【漢方で始める「大人の養生法」】

※ 腰痛の人のための対処法2【漢方で始める「大人の養生法」】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口…
  2. 認知症予防のマインド食で推奨される「オリーブオイル」の賢い摂り方…
  3. 糖尿病の血糖値コントロールに有効な「かんたん体操」のメニューとは…
  4. 内臓温度を上げて健康に!話題のスパイス「ヒハツ」の上手な食し方
  5. 冒険家・三浦雄一郎さんが教える「夏のトレッキング」注意点とおすす…
PAGE TOP