新着記事

スカイポイントからゴールドコーストを一望

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ゴールドコースト編】

危険なドライバーの行為

愛犬を乗せて運転する人の危険な行為【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっぽん歴史夜話16】

秦始皇兵馬俑博物館に立つ始皇帝像(秦始皇彫像)

始皇帝の「キングダム」への想いを偲ぶ|「世界三大墳墓」秦始皇帝陵を囲む城壁跡を歩く(西安)

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

ただ●●にするだけ!102歳の長寿を全うしたヴェネツィア貴族の長寿の秘訣とは

Fotolia_80901645_Subscription_Monthly_M

取材・文/鈴木拓也

ルネサンス期のイタリアは、12世紀頃に発明されたパスタの種類が多様化するなど、食文化がいろどりを増し始めた時期と重なる。もっとも当時はヘルシーな食事という概念は乏しかったようで、都市部の貧しい民衆が食べていたのは、獣肉の脂身と湯で茹でたパスタに、バターやチーズをどっさりかけただけといったもの。

バラエティさに欠ける食事が主で、逆に貴族は自身の権勢をアピールする目的もあって、豪華な祝宴をたびたび開いては、食べきれないほど多くのこってりした食事を腹に詰めた。

ヴェネツィア共和国の有力貴族(政治家でもある)であったルイジ・コルナロ(1464~1566)もそんな1人であった。生まれつき強健とは言えなかったが、若い時分は食欲が命ずるままに、満腹になるまで飲み食いし、腹痛が絶えなかった。

Luigi-Cornaro_0-2-2

ルイジ・コルナロ(1464~1566)

そのうち痛風が出てきて、常に微熱と渇きに悩まされるようになり、それが45歳になるまで続いた。当然、医者を渡り歩いて様々な治療法を試したものの効果はなく、とうとう侍医に「このままでは数か月の命」と宣告されてしまう。

コルナロは、医師たちを呼んで一縷の望みをかけて相談したところ、「食を厳しく節すること」という答えが返ってきた。コルナロは、以前から同じ忠告を繰り返し聞かされてきたが、食べる楽しみを手放すことができず、無視していた。しかし、事ここに至り従うよりほかに手立てはなかった。

医師の最後通告に従い、食事を減らしたコルナロだったが、数日続けてみると、なんだか体調が良くなった気がし、やがてそれは確信へと変わる。そして1年もしないうちに、病気の巣であったような身体から、きれいさっぱりと病が消え去ったのである。

そればかりではなく、短気で怒りっぽい性格から快活で穏やかな性格へと変わり、気分は常に喜びに満たされ、眠りも快適で、いつも楽しい夢ばかりを見るようになったという。それは80歳を過ぎても変わることなく、馬を駆り、山に登り、公共事業と執筆に精を出しても疲れを知らず、五官の衰えをみなかった。

102歳に安らかな死を迎えるまで、コルナロは前半生とは別人のような楽しい人生を送ったのである。

彼の実行した、今で言うアンチエイジングの秘訣は、ただ小食のみにあった。4篇の講話からなる晩年の著作(『無病法』という書名で邦訳版が出ている)を読むと、彼が食べていたのは、パン、卵の黄身、肉、スープのみで、1日の総量は約350グラム(炊いた米1合ぶんに相当)。これを2回に分けて食していたという。

これとは別にワインを、1日あたり400ccほど飲んでいた。他に特殊な呼吸法や運動法をしていたわけではない。様々なアンチエイジング法やダイエット法が乱立するなか、シンプルに徹したコルナロの無病法は、5世紀経た今の方が、かえって新鮮に見える。

とはいえ、1日3食が当たり前の現代人がこれを実行するには、かなり厳しいハードルだろう。それでも、ちょっと体の調子が優れないときなどの「プチ小食」は、やってみる価値のあることだと思われる。

例えば、週に1、2回1食抜くとか、週末に断食道場に通うといったささやかな試みだけでも、習慣づければ何かが変わってくるかもしれないのだから。

【参考図書】
『無病法』
(ルイジ・コルナロ著、中倉玄喜訳/PHP研究所)

9784569805689

文/鈴木拓也

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 長命を誇った著名画家たちに学ぶ長生きのヒント|『一流の画家はなぜ…
  2. 「元気長寿者」の暮らしぶり|『百まで生きる覚悟』 「元気長寿者」の暮らしぶり|『百まで生きる覚悟』
  3. 100歳以上の百寿者 いまや約7万人!100歳以上の百寿者が身につけている生活習慣とは…
  4. 100歳の家事評論家が気づいた長寿のコツは「前向きな手抜き」
  5. 定年後の男性が「第2の人生」を謳歌できる働き方のコツ4つ
PAGE TOP