自分がいなくなった後が心配…。知っておきたい「愛するペット」の上手な遺し方

4304f757774a826dbe5c3a1767c60177_s

家族同然の愛犬や愛猫。ひとり暮らしの人にとっては、自分がいなくなったあとのことが心配の種でしょう。

準備なく突然に飼い主が亡くなった場合、引き取り希望者がいないことが多いそうです。そうなると残されるペットが不憫です。

そこで今回は、サライがつくったエンディングノート『サライの終活手帖』から、ペットのこれからを考えた遺し方についてご紹介していきます。

■1:引き取り手の負担を減らす準備

引き取り希望者が現れた場合でも、引き取る側でペットの詳しい情報が得られないと、困ることが多い。ペットの名前はもちろん、種類、性別、年齢、かかりつけの病院、健康状態、病気の有無、過去にかかった病気や予防接種の記録、性格や特徴、好きな食べ物、嫌いな食べ物、食べさせてはいけないものなどを、きちんとまとめて記録し、保管しておきましょう。

身内や友人の中で引き取ってくれそうな人がいるときは、ペットにかかる養育費を準備しておき、そのことを伝えておきましょう。また、ペットの世話をしてもらうという条件付きで、相応の遺産を取得してもらう「負担付遺贈」という方法もあります。

■2:ペットと新しい飼い主との良い関係を準備

ペットが新しい飼い主とより良い関係を築くために、可能であれば、引き取ってくれる予定になっている人と、日頃より一緒に散歩したり、遊んだりする時間をときどき持つとよいでしょう。

ペットの寿命が近いようなら、お迎えがきたときにどうしてほしいのかについても考えておきたいところ。事前に用意しているペット墓に埋葬してほしい、あるいは自分のお墓に一緒に埋葬してほしいなど、希望があるときは、きちんと書面に残しておきましょう。

■3:引き取り手が見つからないときは

もし事前の段階で、引き取ってくれる人がみつからないときには、里親制度や老犬ホームという方法もあります。

ただし里親制度は子犬でなければだめなど制限のあるところも多いので、かかりつけの獣医に「里親制度」 について尋ねてみる、インンターネットで近隣で利用可能な制度を探してみるのなども、よい方法です。

また10 年ほど前より「老犬ホーム」が登場し、少しずつ利用する人が増えてきました。よいホームかどうかの判断が難しい部分もありますが、獣医や信頼できるトリマーなどから情報を得て、実祭にいくつか訪ねておくと様子がわかります。頼みたいと思うところを探しておくと自分がいなくなった後の心配はかなり減らせるでしょう。

■4:気をつけたいインコやオウム

気をつけたいのが、寿命が長いインコやオウム。なかでもコバタンやキボウシインコの平均寿命はなんと40〜50年もあります。昭和55年前後に人気だったこの2種は、平成4年、絶減の恐れのある種を保護する「種の保存法」の対象になったため、一般財団法人自然環境研究センターへの登録がないと第三者に譲渡できません。

規制前に飼い始めた鳥は登録票がないため、いざという時に引き取りをお願いしたくてもできなくなってしまうこともありますから、登録を忘れずに行っておきましょう。

*  *  *

以上、『サライの終活手帖』から、ペットの遺し方をご紹介しました。

もしものときのペットの行き先。できることなら自分と同じように、愛情を持って接してくれる引き取り手を探しておきたいですね。

【参考図書】
『サライの終活手帖』
(本体1400円+税、小学館)
https://www.shogakukan.co.jp/books/09103552

51NfxLTKkyL._SX357_BO1,204,203,200_

従来のエンディングノートのような総花的展開では無く、長年にわたり『サライ』本誌で蓄積してきたテーマにフォーカスして構成。リアルで「痒いところに手が届く」実用的でリアルな終末手帖です。

文/庄司真紀

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で