サライ.jp

shutterstock_146561489

あなたは「めんどくさい」をためこんでしまう人ですか? それとも「めんどくさい」をうまく調整できる人ですか?

「めんどくさい」は、いい人ほどため込んでしまいがち。ですが「めんどくさい」をため込めばため込むほど、心からはエネルギーが漏れていってしまいます。

そう、「めんどくさい」は、心の「エネルギー漏れ」を起こす事がらなのです。

「めんどくさい」ことをため込んで、心のエネルギーが漏れれば漏れるほど、気力や行動力が出なくなり、普段は「めんどくさくないこと」であっても「めんどくさく」なっていきます。私はこれを「めんどくさいループ」と呼んでいます。

この「めんどくさいループ」に巻き込まれると大変です。何もかもがめんどくさくなり、人生がどんどん面白くなくなってしまいます。

そこで今回は「めんどくさい」の上手な調整方法を紹介していきたいと思います。

■体と心を健やかに保つ良いわがままを実践すべし

まず一言で説明しますと、めんどくさいループに巻き込まれないためには、わがままになることです。

但しこのわがままには2種類ありひとつが他人に対する悪いわがまま、そしてもうひとつが今回お勧めする自分に対する良いわがまま。

前者は「忙しいから後にして」という知人宅に押しかけてしまったり、嫌がる同僚を強引に飲み会へ連れて行くなど、他人にストレスをかけて自由を奪うわがまま。こちらは当然ながらよろしくありません。

いっぽう後者は「今は多忙だから新しい仕事は引き受けない」「体調が悪いので知人からの誘いを断る」などの、自分の体と心を健やかに保つためのわがままを指します。

161104_1414_001a

気分転換のために旅行をする、リラックスするために好きな音楽を聴く、なども良いわがままになりますね。

良いわがままは、心と身体のエネルギーを高めます。 めんどくさいことによって「心のエネルギー漏れ」が発生している心にエネルギーを注入することができるのです。

しかし、暴飲暴食、不規則な生活などはいくら自分に対するわがままであっても、体と心からエネルギーを奪ってしまいますので、良いわがままには入りませんのでご注意ください。

自他ともに「いい人」で通っている人ほどわがままになるのは難しいことでしょう。

しかしまずは上で説明した特性を理解しつつ、良いわがままを実践していくことがめんどくさいループを脱却できる近道であると覚えておいてください。

■6歳未満の子どもたちは良いわがままのお手本!

話は変わりますが、ここで6歳未満の子どもたちの行動を想像してください。

小学校入学前の子どもたちは(これは大脳皮質の未発達によるものなのですが)、「好き・嫌い」「楽しい・楽しくない」といった快の感情のみで物事や人間関係を選択し、やりたくないことは一切やろうとしません。

そのためストレスもほとんど無く、毎日を元気溌溂に生きています。

あなたも、6歳ぐらいまではそんな毎日を過ごしていませんでしたか?

子どもたちは、「~せねばならない」「~すべき」で行動していないため、めんどくさいがたまることはありません。

そんな子どもたちを見れば、良いわがままの実践はめんどくさいループ脱却に有効だとお分かりいただけるでしょう。

■自分にわがままになることは決して悪いことではない

日本では個より和を優先する教育が長年行われてきたために、自分のことは後回しにするのが美徳であり、滅私奉公が素晴らしいといった刷り込みをされている人が少なくありません。

ですが自分の心を押さえてばかりいると、どんどん心からエネルギーが漏れていき、毎日をいきいきと楽しむことができなくなってしまいます。

自分のためのわがままには、ストレス源を減らし、心のエネルギー源を増やすという効能が含まれています。

良いわがままは体や心を健やかに保つために必要な行為なのです。1日1回は自分の心と対話して、心が本当に望んでいる「良いわがまま」を一つだけでも叶えてあげていただきたいと思います。

これを踏まえて正しいわがままを使いこなせば、心のエネルギーレベルが次第に上がっていき、やりがいのあるイキイキとした生活が送れることでしょう。

実生活でも目指せめんどくさい撲滅生活を合言葉に、ぜひこの良いわがままを自分に許して実践していってください。

 

監修・構成/奥田弘美
取材・文/田中十兄
イラスト/大野文彰

 

指導/奥田弘美(おくだ ひろみ)
精神科医(精神保健指定医)、日本医師会認定産業医、作家
1992年山口大学医学部卒業。精神科医として診療を行うほか、嘱託産業医として都内20か所の企業にてビジネスパーソンの心身のケアに関わっている。近著に「一流の人はなぜ眠りが深いのか」(三笠書房)、「何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから」(扶桑社)、「図解『めんどくさい』をスッキリ消す技術」(マキノ出版)など。11月末には「1分間どこでもマインドフルネス」(日本能率協会マネージメントセンター)を出版予定。

 

【参考図書】
『図解「めんどくさい」をスッキリ消す技術~仕事、家事、人間関係がすべて楽になる!~』
(奥田弘美・著、本体1,300円+税、マキノ出版)

81kzPuXhmpL

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア