新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

これぞ食の極み!シンプルだけれど奥深い「お粥」を朝食に取り入れるべき理由

Japanese food, pickled Plum Umeboshi and congee

中国や台湾、香港で、朝食にお粥を出すレストランはよくある。いわば彼の地において、お粥は朝食の定番メニューなのである。ところが、日本ではどうだろう? いまなお、“病人食”というイメージが強いのではないだろうか?

なぜ日本では病気になったときにお粥を食べるのか考えてみよう。当然のことながら、とても消化がよく、胃や腸に負担をかけないからである。だからこそ、病気で消化器官が弱っているときには、うってつけな食べ物なのだ。

「だとすれば、そんなお粥のメリットを日常的に活用しない手はないだろう」と説くのは、曹洞宗の僧侶であり、庭園デザイナーとして国内外から高い評価を得ている枡野俊明(ますの・しゅんみょう)さん。

枡野さんは、著書『禅と食』(小学館文庫)のなかで、現代人の食生活は、高カロリー、高たんぱく、高脂肪に偏りがちであり、だからこそ、ときに消化器官にやさしいお粥をメニューに取り入れ、負担を軽減すべきだと説く。

とはいえ、修行中の禅僧のように朝食をすべてお粥にするのは難しく、あまり現実的ではない。でも、週に一度か二度、朝食にお粥を食べる習慣をつけるだけであれば、なんとかなるのではないだろうか?とは枡野さんからの提案だ。

「お粥をつくるポイントはひとつ。米から炊くということです。一般には、「ごはんが残っているからお粥(雑炊)にでも……」ということが多いようですが、残りごはんを使うのと米から炊くのとでは、できばえがまったく違います」(『禅と食』より)

ちなみに修行中の朝粥のつけ合わせは、胡麻塩と香菜(漬け物)を少々なのだという。シンプルすぎるだけに最初は物足りなさを感じるものの、慣れてくるとちょうどいいのだそうだ。すった胡麻の芳しい香りがふわっと立って、贅沢にさえ感じるというのである。

またお粥を入れる器が木製の漆塗りであれば、胡麻の香りとともに漆の香りも楽しめる。シンプルな食の極みでありながら、その味わいは深いのだ。

とはいえ修行をしているわけではない我々は、ごま塩と漬け物だけではなく、梅干しやしらす、佃煮、魚のフレークなど、好みの副菜を添えるといいという。また、小豆を入れて小豆粥にしたり、さつまいもと一緒に炊いて芋粥にするのも悪くない。

炊きたてのお粥から始める朝は、気分を爽やかにしてくれるもの。ぜひ明日の朝から、お粥を炊いてみてはいかがだろうか? 前出の『禅と食』には、白がゆや小豆粥のレシピも写真つきで掲載されているので、ぜひ参考にされることをおすすめする。

文/印南敦史

【参考図書】
『禅と食 「生きる」を整える』(小学館文庫)
著/枡野俊明
本体580円+税
419HTiuH82L._SX344_BO1,204,203,200_

食事をつくること、食べること――一回一回の食事を丁寧に大切にすることは、一瞬一瞬の人生を心をつくして生きることに通じます。禅的シンプル生活のはじめの一歩は「食事」から始まります。

料理をつくる心構えから、食事をする心と所作、シンプルな食習慣の秘訣まで、数々のベストセラーを輩出する枡野俊明氏の教えが一冊に。簡素で清々しく、美しい生き方を提案します。

精進料理のレシピつきで、まさに今日から禅的食生活を実践できます。

詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 意外な相性に驚き!花の京都で「精進料理×シャンパーニュ」のマリア…
  2. 美しい所作の基本は箸にあり!知っておきたい「箸の正しい使い方」3…
  3. ぜんぜん難しくない!精進料理の達人が説く「精進料理3つの心得」と…
PAGE TOP