Search results for - 中村康宏

  1. 性欲減少だけじゃない!「男の更年期」が起こす体の不調あれこれ

    文/緒方文大「生涯若々しくありたい!」と願う人は多いでしょう。しかし、男性は50代を過ぎた頃から、徐々に性的機能の衰えを感じるようになります。この時期には、性的機能に関連した症状だけではなく、積極性や意欲が低下したり、疲れや…

  2. それでも貴方は寝ないのか?「睡眠不足」の危険すぎる悪影響5つ

    文/中村康宏睡眠、足りてますか?睡眠には、身体の状態を一定に保つ(恒常性を維…

  3. 水のガブ飲みはNGだった!? 医師が教える正しい熱中症対策のイロハ

    文/中村康宏例年よりかなり早い梅雨明けで、季節の変化に戸惑ってる人も多いのではないで…

  4. 老化を遅らせると注目の「成長ホルモン」7つのすごい期待効果【予防医療最前線】

    文/緒方文大ガリヴァ旅行記の筆者、ジョナサン・スイフト(Jonathan Swift…

  5. がん治療の選択肢「代替療法」いったい何が問題なのか?

    文/中村康宏昨年、「代替医療、死亡リスク2.5倍」というニュースを目にした人も多いで…

  6. 予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

  7. なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

  8. 異様な細胞「がん細胞」その8つの特異的なふるまいとは

  9. がんは生活習慣病!発病リスクを下げる生活上の心得とは

  10. あなたの発病リスクは?医師が教える「遺伝子検査」でわかること

  11. なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

  12. 転倒や寝たきりの原因に!サルコペニアとフレイルの違いと予防ポイント【予防医学の最前線】

  13. 5分でわかる「高血圧」入門:血圧の仕組みから予防のポイントまで【予防医学の最前線】

  14. 無症状だけに気づきにくい「骨粗しょう症」3つの原因と予防対策の心得【予防医学の最前線】

  15. 医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

  16. 病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

  17. 万病の元「慢性炎症」が加齢によって起きやすくなる3つの理由【予防医療の最前線】

  18. 病気になるまで気づかれない!万病の元「慢性炎症」にご注意【予防医療の最前線】

  19. 実は怖い「体の糖化」老化を早め病を招く糖化物質《AGEs》蓄積を防ぐには【予防医療の最前線】

  20. 骨が弱ると免疫も下がる!健康長寿と「骨」との知られざる関係【予防医療の最前線】

  21. 「高コレステロール血症」の治療がうまくいかない患者3パターン【予防医療の最前線】

  22. なぜ予防医療が注目?日本の医療制度が抱える3つの深刻な問題【予防医療の最前線】

  23. 今後さらに加速する「医療の個別化」求められる「5つのP」とは【予防医療の最前線】

  24. いま注目の「ライフスタイル医学」が明かす生活習慣10の秘訣【予防医療の最前線】

  25. 日本人の死因の第3位!あなどれない「肺炎」を予防する方法【予防医療の最前線】

  26. 認知症予防のカギは「生活習慣」が握っていた【予防医療の最前線】

  27. 家族の認知症発症を早期発見できる3つの手がかりとは【予防医療の最前線】

  28. 無理な運動はかえって危険!安全で効果的に運動するポイント4つ【予防医療の最前線】

  29. 恐ろしい「糖尿病」を防ぎ悪化させない対策の基礎知識【予防医療の最前線】

  30. 肥満は万病の元!カロリー制限が寿命をも延ばす理由とは【予防医療の最前線】

新着記事

川中島にある信玄と謙信像。川中島合戦はお互いにとって不毛な戦いだった。

大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|【戦国史のおさらい(1)】「桶狭間合戦」のきっかけを作った 武田×今川×北条の「三国軍事同盟」

大河ドラマ『麒麟がくる』は、天文16年(1547)から始まる。天文年間は、「THE 戦国」真っ只…

乾燥シーズンに増える手指のお悩み…「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

既婚女性 4,700名に聞いた「あかぎれ」「さかむけ」「切りキズ」に悩む人が多い都道府県はどこ?

「あかぎれ県」全国TOPは栃木県!「さかむけ県」1位は熊本県、「切りキズ県」1位は三重県に!…

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

受験シーズンの到来まであと2か月。受験生の親や教育関係者など、受験生を中心にその周辺も本番に向け…

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

取材・文/柿川鮎子毎日ペットが使っているリードやキャリーケースなどには、国が定める安全性に関…

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

11月9日に開催された「特製おせち」を楽しむ会。会の様子はこちらでご報告していますが、当…

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

【サライ・インタビュー】保科正さん(ほしな・ただし、家具会社顧問、デザイナー)――家具を…

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

取材・文/坂口鈴香静岡に住む母親のトキ子さん(仮名・91)が認知症になり、上野明美さ…

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

取材・文/坂口鈴香離れて暮らしている親に介護が必要になると、「遠距離介護」の問題が大きく…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

PAGE TOP