新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

未分類

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

Photos by Chris Hornbecker

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思わせるスタイルで演奏するワン・アンド・オンリーの音楽集団、ピンク・マティーニ。独自のパフォーマンスで世界中の人々を魅了し続けている彼らが、5年ぶりに来日し、東京・青山のブルーノート東京で初めてのライブを行う。

1994 年、米国オレゴン州ポートランドでピアニストのトーマス・M・ローダーデールが結成。その年にカンヌ映画祭でヨーロッパ・デビューを果たし、アメリカではカーネギー・ホールやハリウッド・ボウルで公演を開催。クラシックやジャズ、ハリウッド黄金時代のスタンダード、日本の歌謡曲のみならず、世界各国のワールド・スタンダードを演奏で、一躍話題のグループとなった。

そのレパートリーと音楽性は多彩で、多言語に渡り、ときには交響楽団を従え、大規模なワールドツアーを行っている。2011 年には、由紀さおりとのコラボレーションアルバム「1969」で日本の歌謡曲の魅力を世界に伝え、日本でも多くのファンを獲得した。そして現在も、世界中のあらゆる音楽からインスピレーションを得た独自のコスモポリタンなスタイルを進化させ続けている。

大編成のゴージャスな演奏が繰り広げられるなか、リーダーのローダーデールが奏でる美しいピアノ、そしてヴォーカリストのチャイナ・フォーブスの美しい歌声は、まるでハリウッド映画黄金時代の音楽映画の中に入り込んでしまったかのような不思議な感覚を呼び覚ます。

音楽を聴く喜びを改めて体感することができるピンク・マティーニの演奏会、ぜひライブで体験を!

【公演情報】
《ピンクマティーニ》

10 月27 日(土)
〔1st〕Open 5:30pm Start6:30pm
〔2nd〕Open 8:20pm Start 9:00pm

10 月28 日(日)
〔1st〕Open4:00pm Start5:00pm
〔2nd〕Open 7:00pm Start 8:00pm

10 月29 日(月)
〔1st〕Open 5:30pm Start6:30pm
〔2nd〕Open 8:20pm Start 9:00pm

ミュージック・チャージ
8.500円(税込)

会場
ブルーノート東京
東京都港区南青山6-3-16
電話:03-5485-0088
※電話での一般予約は6月22日より

※Web予約はブルーノート東京ウェブサイトより
http://www.bluenote.co.jp/
 

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP