新着記事

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気にな…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦×土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

【インタビュー】横山はる江(青森「はるえ食堂」店主)名物焼きおにぎりの旨さの秘訣は?

【サライ・インタビュー】横山はる江さん(よこやま・はるえ、はるえ食堂店主)――青森の市場…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立たせろ!」(テリー伊藤のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

アニリンバッファローレザー3wayドクターバッグ|堅牢なバッファローレザー製の鞄

日用から1泊程度の旅まで幅広く対応する、バッファローレザー(水牛の革)の上品な3ウェイバッグ…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

文士の逸品

  1. 泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

    ◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自の気の遣い方であった。極度に黴菌(ばいきん)を恐れ、酒はぐらぐらと煮立てた熱燗ならぬ煮え燗。もちろん、刺し身など見るのも嫌。豆腐の「腐」の字…

  2. 田山花袋がマイ原稿用紙を刷っていた版木【文士の逸品No.15】

    ◎No.15:田山花袋の版木文/矢島裕紀彦3センチほどの厚みの、がっしりとし…

  3. 豪放なる文士・海音寺潮五郎が愛した日本刀【文士の逸品No.14】

    ◎No.14:海音寺潮五郎の日本刀文/矢島裕紀彦昭和16年(1941)11月…

  4. 岡本かの子が自らの美貌を愛でていたロケット【文士の逸品No.13】

    ◎No.13:岡本かの子のロケット文/矢島裕紀彦天真爛漫のナルシスト。自分の…

  5. 中原中也が愛用した空気銃の銃弾ケース【文士の逸品No.12】

    ◎No.12:中原中也の空気銃弾ケース文/矢島裕紀彦犬でも虫でもせぬ就職なん…

  6. 正岡子規が颯爽とかぶっていた帝大の学帽【文士の逸品No.11】

  7. 久生十蘭が愛用した蠱惑的なる麻雀牌【文士の逸品No.10】

  8. 『二十四の瞳』壺井栄が愛用していた小さな鏡台【文士の逸品No.09】

  9. 高村光太郎が雪深い山暮らしで愛用した長靴【文士の逸品No.08】

  10. 太宰治が颯爽と纏って歩いた黒マント【文士の逸品No.07】

  11. ギターの名手だった萩原朔太郎の愛用ギター【文士の逸品No.06】

  12. 寺山修司が愛蔵していた妖しすぎる人形【文士の逸品No.05】

  13. 石川啄木が子供らと遊んだ手書きのカルタ【文士の逸品No.04】

  14. 向田邦子が原稿執筆時に着ていた勝負服【文士の逸品No.03】

  15. 江戸川乱歩が愛用した古い映写機【文士の逸品No.02】

  16. 瀕死の文豪・夏目漱石を見守った小さな硯【文士の逸品No.01】

PAGE TOP