新着記事

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

半島をゆく

  1. ならぬことはならぬもの!会津人の心意気「什の教え」と斗南藩【半島をゆく 歴史解説編 下北半島 3】

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp』では歴史学者・藤田達生氏(三重大学教授)による《歴史解説編》をお届けします。文/藤田達生(三重大学教授)下北半島最北端、つ…

  2. ああ斗南藩終焉す!突然の廃藩置県は何故起きたか?【半島をゆく 歴史解説編 下北半島 2】

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  3. 平将門ら坂東武士団が勃興した古代国家北辺の地【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 3】

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  4. 紀伊半島と房総半島との意外な歴史的つながりとは?【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 2】

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  5. 房総半島の小国の大名・里見氏はなぜ関東の覇者と渡り合えたのか【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 1】

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  6. ああ悲劇の斗南藩、その苦難の道をゆく【半島をゆく 歴史解説編 下北半島 1】

  7. 周囲わずか1kmの小島から睨みをきかせた村上水軍の謎【半島をゆく 歴史解説編 瀬戸内しまなみ海道 3】

  8. しまなみ海道で村上水軍が跋扈した海原を奔る【半島をゆく 歴史解説編 瀬戸内しまなみ海道 2】

  9. 備後「瀬戸内しまなみ海道」に村上海賊の史跡を訪ねた【半島をゆく 歴史解説編 瀬戸内しまなみ海道 1】

  10. 異界の入り口!国東半島「六郷満山」名所ツアー【半島をゆく 歴史解説編 国東半島3】

  11. 八幡神社の総本山!国東半島「宇佐神宮」を訪ねた【半島をゆく 歴史解説編 国東半島2】

  12. 宇佐の地方神「八幡神」が“国家神”となった衝撃的な事件とは【半島をゆく《歴史解説編》国東半島編1】

  13. 【トークイベント】 「本能寺の変」の真相を語り尽す!安部龍太郎さん(歴史作家)×織田信孝さん(織田家現当主)

  14. 落城間近の大阪城から救出!知多半島に残る「ある屏風」に隠された驚くべきメッセージ

  15. 無慈悲な執行に一揆勃発!豊臣秀吉「奥州仕置」衝撃の真相【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】牡鹿半島

  16. 細川ガラシャ悲劇の序曲!本能寺の変後に丹後で何がおきたのか?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】丹後半島

  17. なぜ丹後半島には巨大古墳が多いのか?失われた古代「丹後王国」の謎を追う【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

  18. 80歳を過ぎた雪舟が自ら丹後まで出向いて国宝『天橋立図』を描いた本当の理由とは?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

  19. 弘前藩を支えた「石田三成の末裔」はいかなる人物だったのか?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

  20. 石田三成の遺児を匿った弘前藩を徳川家康はなぜ黙認したのか?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

  21. 北方の小藩・弘前藩が日本有数の大城郭・弘前城を造営できた理由【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

  22. 弘前城になぜ豊臣と徳川が共に祀られたのか?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

  23. 弘前城内で祀られていた豊臣秀吉木像の謎【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

  24. 石田三成の孫を家老に迎えた弘前藩の思惑とは【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

  25. 津軽独立を果たした稀代の戦略家「津軽為信」の軌跡【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

  26. 中世の津軽で大勢力を誇った「浪岡北畠氏」の謎【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

  27. 大規模城郭「鳥羽城」を築城・維持しえた志摩半島の豊かな海の幸 【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

  28. 志摩鳥羽城跡|海賊大名・九鬼嘉隆が築いた近世海城の先駆け【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

  29. 信長配下屈指の海賊大名「九鬼嘉隆」の力の根源とは?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

  30. 歴史の宝庫・伊豆韮山を歩く【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

PAGE TOP