この1位は意外?納得? 世界のシニア世代が「ホテル選びで譲れないポイント」トップ5

あなたが旅行先のホテルを選ぶ際に「これだけは重視したい!」と考えるポイントは、どんなことだろうか?

旅行予約サイトのブッキング・ドットコム・ジャパン(以下ブッキング・ドットコム)の調査により、世界各国の人々の「こだわりポイント」トップ5が判明した。

この調査は、世界の人々を対象として、施設の条件や設備、サービスなどの「旅行に欠かせない要素」についてアンケート調査を実施したもの(調査時期は2016年9月。対象は日本を含む世界13ヶ国、1万2,781名。2016年に少なくとも1回旅行に行き、2017年に1回以上の旅行を計画しており、旅行計画の意思決定にかかわっている18歳以上の人)。

その結果をみると、どの国の人も「ホテル選びに欠かせない要素」 として共通して最重要視しているのは「目的地の安全性」であった。これは納得できることだろう。だが「その次に」なにを重視するかが、国によって違うのがおもしろい。

例えばブラジル、ドイツ、インド、イタリアの人は「おいしい朝食」を選び、スペイン、フランス、イギリス、ニュージーランドの人は「プロフェッショナルで親切なスタッフ」を選んだ。

そしてわれら日本人はなにを選んだかといえば、なんと「お部屋のエアコン」だったという。同じ回答だったのはアメリカ、中国、タイ、オーストラリアの皆さん。意外と国民性に共通点があるのだろうか?

さらに注目すべきは、世界のサライ世代を対象とした「年齢層別こだわりランキング」(56~65歳)である。その結果は、

■1位「お部屋のエアコン」
■2位「プロフェッショナルで親切なスタッフ」
■3位「美味しい朝食」
■4位「自分の母国語が通じるスタッフ」
■5位「無料駐車場」

という順位となった。見ると、日本人が安全の次に大事とした「お部屋のエアコン」が堂々1位に! 同調査で18〜35歳の旅行者が重視することの1位が「プロフェッショナルで親切なスタッフ」であることを考えると、世代による特徴がはっきり表れたことになる。

もちろん人によって価値感も重視するポイントも異なってあたりまえだが、全体の傾向としてこのような結果があらわれるというのも、またおもしろいことであろう。

【参考リンク】
世界13カ国に聞いた「旅行に欠かせない要素」を発表。日本人は意外とこだわりが薄い?!

文/印南敦史