チェット・ベイカー ジャズ歌の常識を変えた無垢な個性【ジャズ・ヴォーカル・コレクション13】

(ジャズ・ヴォーカル・コレクション)第13号「チェット・ベイカー」(監修:後藤雅洋、サライ責任編集、小学館刊)

(ジャズ・ヴォーカル・コレクション)第13号「チェット・ベイカー」(監修:後藤雅洋、サライ責任編集、小学館刊)

ジャズ歌の常識を変えた無垢な個性

文/後藤雅洋

楽器と声の両立の難しさ

ロック・ミュージックではビートルズはじめ、ギターを弾きつつ歌を歌うのはごく一般的ですが、ジャズの場合、楽器の演奏者がヴォーカルまでこなす例はかなり珍しいのです。ジャズではマイルス・デイヴィスやジョン・コルトレーンといった楽器の演奏者と、エラ・フィッツジェラルドやサラ・ヴォーンといったヴォーカリストは、きちんと棲み分けがなされているのですね(しかも男女で!)。

その理由として、ロックの代名詞的楽器はギターですが、ジャズの代表的楽器であるトランペットやサックスを吹きながら歌を歌うのは無理という、しごく当たり前の事情もあるのですが、どうやらそれだけでもないような気がします。

簡単なコード(和音)をかき鳴らせば、一応歌の伴奏ができるギターと違い、トランペットやサックス類は、一定の修練を経ないと満足に音を出すことすら困難です。それに引き換え、歌は誰でも気軽に歌うことができます。ですから歌については、アマチュアのうちからある程度才能の見極めというか「向き不向き」がわかるのですね。

それは本人の自覚・自信にも繫がり、そうした一群の有能な人々がロック、ジャズといった音楽ジャンルにかかわらず、プロ歌手としてデビューしていくのだと思います。

他方、高度な演奏技術が必要な、楽器で演奏するジャズは、本人にそうとう明確な「ジャズマンになりたい」という意志がなければ、なかなか人さまを納得させるレベルまで技量を向上させることは難しいのです。つまり自分のジャズマンとしての才能を確認するまでに時間がかかるのですね。

こうした事情から、ジャズでは、アマチュア時代から「歌手コース」「演奏者コース」と明確に分かれてしまう傾向があるのではないでしょうか。

ある程度歌が巧いプロ予備軍は、当然歌唱技術の向上を目指すでしょうし、仮に彼らが「余技で」楽器まで手がけても、ジャズの場合「それひとすじ」の演奏者に太刀打ちするのは非常に難しいのですね。

ですから、ジャズ・ヴォーカルの開祖といわれた大トランペッター、ルイ・アームストロングや、余技が本業になった元ジャズ・ピアニスト、ナット・キング・コールのような人たちは、ほんとうにひと握りの例外的存在なのです。そして今回の主人公はトランペットでも第1級の評価と人気を得た白人ヴォーカリスト、チェット・ベイカーです。