若き美空ひばりJAZZを歌う!今なお輝き続ける「昭和ジャズ歌」の個性【ジャズ・ヴォーカル・コレクション06】

『JAZZ VOCAL COLLECTION』(ジャズ・ヴォーカル・コレクション)第6号「昭和のジャズ・ヴォーカルvol.1」(監修:後藤雅洋、サライ責任編集、小学館刊)

『JAZZ VOCAL COLLECTION』(ジャズ・ヴォーカル・コレクション)第6号「昭和のジャズ・ヴォーカルvol.1~美空ひばり、弘田三枝子、雪村いづみ〜」(監修:後藤雅洋、サライ責任編集、小学館刊)

今なお輝き続ける“昭和ジャズ歌”の個性

文/後藤雅洋

歌の魅力は世界共通
「昭和のジャズ・ヴォーカルvol.1」は、戦後昭和20年代(1945~)から30年代にかけて活躍した大歌手たちが、「ジャズも歌っていた」という、今ではあまり知られていない事実、そしてそれが「想像以上に素晴らしいものだった」ということを実際の音源をもってお届けする、スペシャル企画です。

日本のジャズ史は意外と古く、戦前から一部の有閑階級はアメリカからジャズ・レコードを船便で取り寄せ、思いのほか早くデューク・エリントン楽団などの「最新ジャズ」に親しんでいました。また、新しもの好きなミュージシャンたちも、それらのレコードから「ジャズ」という新音楽を消化吸収していたのです。

それが昭和16年(1941年)の日米開戦と同時に、ジャズは「敵性音楽」としておおっぴらには聴けない音楽と化してしまいました。そして「ジャズ」が再び息を吹き返したのは、昭和20年(1945年)8月の終戦と同時に日本に進駐してきたアメリカ兵たちによってだったのです。米軍基地内のダンス・パーティや、アメリカ兵の持ち込んだジャズ・レコードによって、戦時中の「ジャズ空白期間」が大急ぎで取り戻されようとしたのです。

しかし、ジャズ界ではこの空白期間に「“ビ・バップ”革命」という一大変革が起きており、戦後のジャズ・ミュージシャンがその空隙を埋めるのは容易なことではありませんでした。ところが意外なことに、ジャズ・ヴォーカルにおいては早くから「本場ものに負けない」歌手たちが続々と登場していたのです。その理由はふたつほどあったように思います。まず、「歌」は「ジャズ」よりはるかに歴史も古く、また広がりもある音楽ジャンルであることが大きい。日本の「歌の歴史」は戦時中も途切れることなく、その蓄積があるので戦後も比較的無理なくジャズ・シーンの動きに乗ることができたのです。

もうひとつは、「才能」はお金のあるところに集まるという現実です。ポップスも含む戦後歌謡界には大きなお金が集まり、そこを目指して選りすぐりの歌手たちが覇を争ったのです。今回登場する美空ひばりにしても雪村いづみにしても、そして弘田三枝子もまた歌謡曲、ポピュラー・シンガーとして人々に親しまれ絶大な人気を博していたのです。彼女たちはある時代の「歌い手の頂点」に立った人たちだったのですね。

そんな彼女たちのジャズ歌手としての実力がいまひとつ語り継がれていないのは、要するにポピュラー歌手としての人気、知名度のほうが圧倒的だったという理由が挙げられるでしょう。まったく同じ理由で、国民的スター石原裕次郎やザ・ピーナッツといった昭和の大歌手たちが、ジャズも歌っていたという歴史が忘れられようとしているのは、残念なことです。なんといっても、当時(昭和30年代)のジャズ・ファンはポップス、歌謡曲ファンとは比べものにならないほど少数派だったのです。

しかしそれだけではなく、数は少ないけれどもコアなジャズ・ファンたちもまた、そのころはちょっと考え違いをしていたように思えるのですね。私自身を含め、1960年代(昭和35年~)のジャズ(レコード鑑賞)喫茶ブームによって圧倒的に数を増やしたジャズ・ファンは、ジャズのほんとうの「聴きどころ」を少々誤解していたような気がするのです。当時大スターだったトランペッター、マイルス・デイヴィスやテナー・サックス奏者ジョン・コルトレーンの存在はあまりにも圧倒的だったので、どうしても日本のジャズ・ファンは「本場もの」第一主義になりがちだったのです。結果として、日本人のジャズを「ものまね」といって見下したのですね。

それじゃあと日本のジャズマンがあえて「日本的」な要素を取り入れると、今度は「ジャズっぽくない」と非難したりしたのです。似せれば「ものまね」、独自性を出せば「ジャズっぽくない」では、立つ瀬がありませんよね(笑)。それも異文化移入時にありがちな「憧れ」と「コンプレックス」がない交ぜになった心境だと、今となってみればわからないでもありません。

ヴォーカルを含め「ジャズ」という音楽を巨視的に眺めれば、その最大の特徴であり「聴きどころ」は、再三言及しているとおり、それぞれのミュージシャンの個性の魅力的な発現です。だとすれば、日本人ジャズマンの「日本的ジャズ」は、まさにジャズの王道だったのです。

さて、回り道をしてしまいましたが、昭和のジャズ・ヴォーカルの魅力・聴きどころは、まさにこの「日本的歌唱」と、それぞれの歌手の「圧倒的個性」がダブル・パンチで堪能できるところなのです! そう、もっと端的に言えば、日本ならではの「歌謡曲」やジャパニーズ・ポップスとジャズが、圧倒的歌唱力・個性を備えた選りすぐりの歌手たちによって巧みにミックスされ、見事な「日本のジャズ・ヴォーカル」となったのです。