エラ・フィッツジェラルド 圧倒的な歌唱力、抜群の安定感を聴かせる「女王」 【ジャズ・ヴォーカル・コレクション02】

書影_JAZZVOCAL02_s

『JAZZ VOCAL COLLECTION』(ジャズ・ヴォーカル・コレクション)第2号「エラ・フィッツジェラルド Vol.1」(監修:後藤雅洋、サライ責任編集、小学館刊)

圧倒的な歌唱力、抜群の安定感を聴かせる「女王」
文/後藤雅洋

「ジャズ歌3人娘」の長女 

大物や優れた人たちを数え上げるとき、「三銃士」とか「3大美女」だとか、「3」という数字にこだわるのは洋の東西を問わずよくあることのようです。日本では「元祖3人娘」と呼ばれた美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみが有名ですが、彼女たちは日本ポップス創成期にそれぞれ個性的なジャズ・ヴォーカルを披露しており、本シリーズでも第6号で「昭和のジャズ・ヴォーカル」として紹介します。

余談ですが、「3人娘といえば」と語りかけ、その返答によって世代がわかりますね。「伊東ゆかり、中尾ミエ、園まり」といえば、およそ60歳代、「南沙織、小柳ルミ子、天地真理」なら50歳代とか……。

そして本場アメリカのジャズ3人娘といえば、「娘」というには少々貫禄がありすぎのようですが「エラ、サラ、カーメン」と称されたエラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーン、カーメン・マクレエの3大黒人女性ジャズ・ヴォーカリストたちでしょう。

ちょっと気になるのは、より大物感のある黒人女性ジャズ・ヴォーカリスト、ビリー・ホリデイが入っていないことです。彼女は「三銃士」 に対するダルタニャンのような存在だったのでしょうか? いや、そのたとえは少々的外れなような気がいたします。ともあれ彼女は「別格」扱いなのですね。その正確な理由はわかりませんが、ホリデイは玄人好みというか、やはりポピュラーな人気においては「エラ、サラ、カーメン」だったのではないでしょうか。

そして今号の主人公、エラ・フィッツジェラルドが3人の最初に数えられているのはけっして偶然ではありません。最年長のせいもありますが、この順序は世間の評価にも沿っているのです。アメリカのジャズ専門誌『ダウンビート』批評家投票、女性ジャズ・ヴォーカリスト部門で、1952年から71年まで、連続20年間にわたって首位の地位を守り続けてきた圧倒的実績が、何よりもその事実を雄弁に物語っているでしょう。

ちなみに、この20年間はほぼ「モダン・ジャズの時代」に重なっているのですね。