【挑戦!お江戸クイズ】江戸の女性が夢中になった「宝引」って何?江戸っ子の娯楽に関するクイズ4問

それでは、正解を発表します!

【クイズ1】
北尾重政の「絵本吾妻抉」には、武家の妻や奥女中が夢中になっている「宝引」の様子が描かれています。正月によく行なわれ、江戸時代の女性たちを魅了したこの「宝引」とは、次のどれでしょう?

(い)逢引
(ろ)一種の福引
(は)幇間を呼んでお座敷芸を楽しむ会
(に)かんざしなどを隠して探させる宝探し

正解(ろ)
「宝引」とはくじの一種。複数の紐を用意し、ひとり1本ずつ引かせる。あたり紐には橙をつける。それを引いた人は賞品を貰う。正月の遊戯だが、賭博としても用いられた。駄菓子屋の飴玉くじも宝引の一種。

【クイズ2】
江戸ではさまざまな植物の栽培・観賞が流行しました。では、染井の植木屋が売り出して元禄期(1688~1704)にブームとなった植物は、次のうちどれでしょう? この植木屋は、この植物の品種にちなんで屋号を「霧島屋」としました。

(い)朝顔
(ろ)躑躅(つつじ)
(は)菊
(に)花菖蒲

正解(ろ)
江戸染井の伊藤伊兵衛家は代々園芸の家で、とりわけ躑躅を大量に栽培してきた。

【クイズ3】
江戸庶民の四季の行楽に関する記述として、間違っているのはどれでしょう?

(い)飛鳥山の桜は、享保5年(1720)に8代将軍吉宗の命により植えられた
(ろ)両国の川開きは、毎年5月28日だった
(は)虫利きは、7月26日、8月15日、9月13日に行なう習わしだった
(に)冬には、雪見酒を楽しんだり小高い丘から銀世界を眺める人たちもいた

正解(は)
選択肢(い)(ろ)(に)の記述は正しい。(は)の「虫聴き」は「月見」とすれば記述は正しくなる。7月26日は「二十六夜待」で八つ時に出る月を拝む。8月15日・9月13日は、両日ともに月見が多くの人によって行なわれた。

【クイズ4】
(   )の去りゆく空や秋の風
これは、江戸時代のある大関の辞世といわれるもので、(   )には四股名が入ります。雲州侯のお抱えで、雷電にも比せられた、この名力士は誰でしょう?

(い)谷風
(ろ)小野川
(は)稲妻
(に)不知火

正解(は)
稲妻大吾郎(1795~1877)は力士で7代横綱。常陸国河内郡生まれ。文政3年(1820)に佐渡ヶ嶽部屋に入り、巻ノ島、槙ノ島などと名乗る。文政7年に稲妻と改名し、松江藩松平家のお抱え力士となる。入幕して4年で大関となり、幕内16年間に勝130・負13という好成績をおさめた。文政11年7月横綱を免許される。

何問正解できましたか? 今回はなんと全問1級からの出題でした! かなり難しかったかもしれません。全問解けた方は自信を持ってぜひ江戸検定にチャレンジしてみてくださいね!

※受検申し込み等の詳細については、下記のサイトをご覧ください。
http://www.edoken.jp/

※問題の出典:『第4回 江戸検問題公式解説集』『第3回江戸文化歴史検定(2008年度)江戸検出題問題公式解説集』

取材・文/オノハルコ(晴レノ日スタヂオ)